Musical Instrument Keyboard Keys私は、当時受けていたアレクサンダー・テクニーク教師養成コースのディレクターの許可をいただいて、教師トレーニング中の2003年1月から教え始めました(トレーニング修了は2003年12月)。

 

教え始めた当初から、特に演奏家の方たちとレッスンをしているときに、アレクサンダーテクニークを実践していただくと、彼らの「からだ」の動きがスムースになり、活動中・活動後の「からだ」の違和感や痛みが少なくなることはともかく、音の響き豊かに変わることが不思議で仕方ありませんでした。

 

訓練中もベテランの先生が演奏家にレッスンして音の響きが変わる場面には何度も遭遇していたはずですが、私自身が音の響きの変化について気づくようになったのは、私自身が教え始めてからです。

 

 

「ほらね。”からだ”の使い方が変わると音の響きも変わるでしょう」

などと生徒さんには申しておりましたが、音の響きが変わるメカニズムは、完全にブラック・ボックス状態でした。

 

キャリアを重ねていき、新しいワークを生徒さんとともに作り上げていく過程で、どのように導いて、生徒さんである演奏家の方たちの「からだ」の使い方が変わると、響き豊かに変化することは、経験則としてはっきりと確信したのですが、それでも”物理的”になにが起きているのか理解しておりませんでした。

 

物理”という文字を見て、唐突な印象をお持ちになった方がいらっしゃるかもしれません。しかし、響き物理現ですから、必ず物理的に説明がつくはずなのです。

 

そこで音響学の本などを読んだのですが、そこに書いてあったのは驚くべきことでした。

ピアノの音について、音響学の立場では、変えることができるのは、音の大きさだけであり、音の質はけっして変えることができない。

 

しかし、グループレッスンなどで、実際に私の目(と耳)の前で、同じピアノを別の方たちが弾いてみせてくださると、演奏する方によって、音の大きさにかかわらず、音の響き方、音の入り方、音がなるところがまるで異なって聞こえるのです。

 

そして、レッスン後はみなさん変化されますが、それでも演奏される方らしさは残るのです。音の質は演奏家によって明らかに異なるのです。

 

 

しばらくして分かったのは、これは私だけにそのように聞こえている訳のではなくて、演奏家たちのあいだでは、常識だったということです。”猫が鍵盤を歩いても、ピアニストが弾いても同じ音が出る”なんてことは、けっしてありません。

 

そして、演奏家の立場からロシアの方が書かれたピアノの音の響きについての本を読んだところ、ピアノ奏者と音響学者との間で、論争になっているとのことでした(後に古屋晋一さんの「ピアニストの脳を科学する」を読んで、この論争は私がこちらの本を読んでいた時点で、すでに決着がついていたことが分かりましたが、当時は知る由もありませんでした)。

 

極めつけは、ある音大のピアノの先生からお聞きした話です。ある国でピアノの教師たちと音響学者が公開の場で立ち会い、実験をしたところ、ピアノ奏者は音の違いを聞き取ることができるのに、音響学者は頑としてピアノ奏者による音の響きの違いを聞き取ることができないと言い張ったのだとか。

 

私の疑問を解決するために、音響学はまったく頼りにならないことが分かりました。そこで日本語に翻訳されている海外のピアノ指導者の本を貪るように読みました。上野の音楽資料室に感謝します。

 

そして、ハンガリーのリスト学院の先生だったヨーゼフ・ガートさんの「ピアノ演奏のテクニック」(音楽之友社 絶版)に出会いました。2008年の暮れのことです。

 

書いてあることを私流にアレンジして説明します(私はずっとこの本のこの部分に書いてあることに忠実に生徒さんにご指導してきたつもりでしたが、最近本を読み直してみたら、表現の仕方にずいぶん違いがあり、もはや原形をとどめていなかったのです)。

 

ピアノに重量奏法重力奏法という考え方があります。

腕の重さで演奏する。

からだの重さを鍵盤に乗せる等々。

 

けれど、多くのピアノ指導者たちも生徒さんたちも、その言葉を意味することを完全に誤解しているようです。

 

私たちの鍵盤に指が触れる瞬間から、鍵盤からの反力(反作用の力)が指に戻ってきます(物理の時間に習った作用・反作用の法則)。

 

大きな音で演奏するときには、指の打鍵のスピードが上がるので(物理法則です。力は、速さ2乗比例し、重量比例します)、その反力はさらに大きくなります。

 

 

もし鍵盤から指に戻ってきた反力を、指の関節で受け取ったら、指先からその関節までのどこかに大きな負担がかかって、傷める可能性が増します。

 

もし鍵盤から指に戻ってきた反力を、手首で受け取ったら、指先から手首までのどこかに負担がかかって、傷める可能性が増します。

 

もし鍵盤から指に戻ってきた反力を、肘(肘関節あたり)で受け取ったら、指先から肘(肘関節あたり)までのどこかに負担がかかって、傷める可能性が増します。

 

もし鍵盤から指に戻ってきた反力を、肩(肩関節あたり)で受け取ったら、指先から肩(肩関節あたり)までのどこかに負担がかかって、傷める可能性が増します。

 

もし鍵盤から指に戻ってきた反力を、首のあたりで受け取ったら、指先から首までのどこかに負担がかかって、傷める可能性が増します。

 

もし鍵盤から指に戻ってきた反力を、腰のあたりで受け取ったら、指先から腰までのどこかに負担がかかって、傷める可能性が増します。

 

そうではなく、鍵盤から指先が受け取った反力を瞬時に全身に分散させる。これがいわゆる重量奏法重力奏法が意味することです。

 

 

ヨーゼフ・ガートさんの本の重量奏法・重力奏法について説明してある箇所を読んだとき、私の全身に電流が走りました。

 

実はガートさんの本の前に、トバイアス・マティさん(Tobias Matthay 1858 ‎– 1945)の本も読みました。

誤訳があるのかどうか分かりませんが、物理的な用語を使いながらも、非常に書いてあることが感覚的なところが多く、不躾な表現になるかもしれませんが、物理学的にも解剖学的にもナンセンスなところが多かったです。別の言い方をすると、マティさんやマティさんと身体感覚が非常に近い方たちが、マティさんの本に書いてあるようなことを思う分にはうまくいくというレベルということです。

ガートさんが先行著作のマティさんの本を引用されなかったのは、医師の酒井直隆先生がその労作の中で指摘されている通りですが、このような背景があったのかもしれません。

 

 

ようやく理解しました。

 

アレクサンダーテクニークのレッスンで私が手と言葉を使って指導していたのは、「からだ」のどこかを、あるいは「からだ」の全体を生徒さんが押し下げないことによって、結果的に反作用の力を瞬時に全身に分散させること、「からだ」に”力の通り道“を開くことだったのです。

 

「からだ」のなかの”力の通り道”を開くことが明確になってから、鍵盤楽器奏者や打楽器奏者やドラム奏者の方たちへの私のアレクサンダーテクニークの指導は、より具体的に適切なものになりました。

 

そこを出発点にして、新しいワークを生徒さんと生み出すことができるようになりました。 それだけではなく、歩いたり、走ったり、パソコン作業をしたり、施術をしたり、日常のあらゆる場面をご指導するときに、「からだ」の中に力の通り道を開いて、全身に負荷を分散させることを使えるようになりました。

 

私が思うに、この事実は元々アレクサンダーテクニークに内包されていたものですが、私が知る限りだれも明確にしてこなかったので、私はこのことをアレクサンダーテクニークの導力アスペクトと名づけました。どうして”からだ”を押しつぶすとあらゆる活動に不利になるのか、ということが明確になりました、

 

そして、それこそがF.M.アレクサンダーのあると主張した、プライマリー・コントロール十分条件の少なくとも1つではないだろうかと私は思います。

 

以上のことはホームページには初めて書きましたが、これまでピアノ音楽雑誌「ムジカノーヴァ」では数年前から何度か書かせていただいております。

 

ご参考になりましたでしょうか? 続きはレッスンで。

 

2017年1月14日()にピアノを演奏する方向けのアレクサンダーテクニークの講座をします。書す愛はこちらに。

 

 

 

 

 

こちらもあわせてご覧ください。

ピアニストの方に-演奏中の腕・肩・首・腰への負担を減らしたい方、運指を改善されたい方、オクターブの連打が苦手な方、重量奏法・重力奏法を身につけたい方