特に本番になると伸びやかさがなくなり、呼吸が浅くなるという課題をお持ちの声楽家の方とのレッスン-Lasciar d’amarti

声楽家の方とのレッスン

声楽家の方とのレッスン

次のような課題をお持ちの声楽家の方とレッスンしました。

  • 本番になると緊張で呼吸が浅くなり息が持たない
  • 声が震えて安定させられなくなりさらに焦ってしまう
  • 緊張で全身が固まって、伸びのない声になる
  • 「聴いてもらっている」という意識より「聴かれている」と考えてしまう
  • 立っていられなくなりそうになる

 

歌う方は、「よかれ」と思って

  • 重心を下に降ろそうとする
  • 呼吸をお腹に入れようとする

方が多いです。その方法でうまく行っている場合はそれでよろしいのですが、「うまくいかない」というお悩みがある場合には、別の方法を行ったほうがよろしいかもしれません。

 

胴体の奥行きを思い出す呼吸のワーク

胴体の奥行きを思い出す呼吸のワーク

と申しますのも、その方法で課題がある方の多くは、「からだ」を下に押し下げたり、押しつぶしたりして、息が入ってくることを難しくしたり、腕の動きを制限したり、声帯を圧迫しがちなのです。

 

お友だちに後ろから捕まえてもらって、歩くのをじゃましてもらいます。普通は歩くことができません。

 

笑いながら「むり~」っていうお顔をされていました。

 

 

呼吸呼吸

 

 

 

 

 

 

ところが呼吸に伴う全身の協調した動きを取り戻すと、動くことができます。私たちは正面にばかり注意が向いて、後ろ側を忘れがちです。聴衆も前にいますから、そうなりがちなのは分かります。

 

 

声楽家の方とのレッスン

声楽家の方とのレッスン

しかし、誰かに捕まえられていない場合にも、全身の呼吸に伴う動き、特に背中側を思い出すと、私たちの自由度は大きくなり、息が入りやすくなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

2016年4月27日(水)に東京学芸大学の音楽専修入門セミナーで教えました。その講座のレポートです。

 

総論として、冒頭で行ったことについては、『2016年4月27日(水)に東京学芸大学の音楽専修入門セミナーはあがり症にも焦点を当てる』をご参照ください。

 

 

 

声を出しにくいなどのお悩みがある歌う方たちへのレッスンについては、下をクリックしてください。

声が出しにくい声楽家の方や歌う方たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です