ご報告:東京学芸大学音楽専修の方たちとのお講座2016年4月27日(水)

2016年4月27日(水)東京学芸大学音楽専修の方たちとのアレクサンダーテクニークの講座アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこ-東京学芸大学正門前‐2016年4月25日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年に引き続き、4月27日(水)に、東京学芸大学教育学部の音楽専修の学生さんたちを対象にアレクサンダーテクニークのお講座を致しました。音楽専修入門セミナーです。簡単にご報告をします。

 

正門に着いたら、看板が新しいものに張り替えられていました。4月も下旬なので、昨年の4月の講座では楽しむことができた桜もさすがに終わっていて、緑が濃かったです。

 

朝8時50分からの1時間30分の授業です。

30数名の方たちにアレクサンダーテクニーク原理をお伝えしました。4名の方に前に出てきていただいてアクティビティのレッスンをしました。

 

東京学芸大学授業風景-2016年4月27日今回は、あがり、本番での過度な緊張をテーマにする方が多かったので、あがり、舞台本番での過度緊張、いわゆるステージ・フライトとは生理学的にどのようなことが起きているのかということを、多重迷走神経論ポリヴェーガル理論)を使って説明しました。

 

ステージフライトに関して、多重迷走神経理論を使った解説はこちらをご参照ください。

 

実は次にさらっとアレクサンダーの原理を説明してアクティビティのレッスンに移ろうと思ったのですが、生徒さんを見てプランを大幅に変更し、かなり詳しくアレクサンダーの原理について説明しました。

その後で、ピアノの方、ヴァイオリンの方、声楽の方、そしてピアノの方にレッスンしました。

 

アクティビティ

テンポの速い曲は身体が固くなるバイオリン奏者の方とのレッスン-ベートーヴェン スプリングソナタ

 

肩に力が入るピアニストの方とのレッスン-ショパン バラード3番

特に本番になると伸びやかさがなくなり、呼吸が浅くなるという課題をお持ちの声楽家の方とのレッスン-Lasciar d’amarti

あがりやすいピアニストの方とのレッスン

結び

これを機会にまたあの方たちとレッスンする機会があるとよいのですが、先のことは分かりません。

昨年に引き続き、ピアニストの辰巳京子さんにアシスタントをしていただきました。

清水和高先生、学生の皆さん、辰巳京子さん、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です