音がつぶれがちなピアノ奏者の方とのレッスン

2016年3月3日(木)の午前中に宇都宮大学教育学部音楽専修の生徒さんたちに、アレクサンダーテクニークをご指導させていただきました。授業の中でピアノ奏者の方とレッスンさせていただきました。

 

次にピアノを演奏される方とレッスン。まず演奏していただいて、鍵盤に指が降りるときに、胸から腕に向かう筋肉と背中側から腕に向かう筋肉が過度に収縮していることにきづきました。

「からだ」のなかの"力の通り道"を開く

「からだ」のなかの”力の通り道”を開く

そのために「からだ」のなかの”力の通り道”が分断され、演奏中に腕や指に過度な負担がかかっていました。

 

また椅子への腰の下ろし方が、若干椅子に向かって潰れていました。これも”力の通り道”を塞ぐ原因になります。

 

 

 

椅子に支えラエルが、椅子に墜落しないで座る

椅子に支えラエルが、椅子に墜落しないで座る

 

解決のために、

脇の下に向かってある方向を思うことと、

小道具としてバランスボールを使って、椅子に支えられるが、椅子に墜落しないで座るのはどういうことかというのを経験していただきました。
それを踏まえたうえで、手と言葉でサポートしながら、ピアノを演奏していただきました。

 

しかし、音の響きに変化がありました。短い時間にあまりにたくさんのことをやるすぎて、生徒さんを混乱させてしまったかもしれません。

ピアノ演奏とアレクサンダーテクニーク

ピアノ演奏とアレクサンダーテクニーク

 

 

2016年3月3日(木)午前中に、宇都宮大学教育学部の音楽専修の学生さんたちにアレクサンダーテクニークボディマッピングの講座をしました。このブログ記事はその報告です。

 

全体で行ったこととまとめは、『ご報告:3月3日(木)宇都宮大学教育学部音楽専修の方たちにアレクサンダーテクニークの出張講義』をご参照くださいませ。

 

 

和音やオクターブやトリルやトレモロがうまく弾けないなどのお悩みをお持ちのピアノ奏者の方へのレッスンは下記のリンク先をご参照くださいませ。

ピアニストの方に-演奏中の腕・肩・首・腰への負担を減らしたい方、運指を改善されたい方、オクターブの連打が苦手な方、重量奏法・重力奏法を身につけたい方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です