ピアノを極端な前傾姿勢で弾いてはいけない9つの理由

ごくたまに見かけますが、ピアノを演奏するときに極端に前傾して(45度から60度近く傾いて)演奏する方がいらっしゃいます。

そのなかには、大きく分けて2つのタイプの方がいらっしゃいます。

  1. 大きな音を出そうするときに、極端に前傾する方
  2. 常に極端に前傾して演奏される方

では問題点を1つずつ検討してゆきます。

 

大きな音を出そうとするときに、極端に前傾する演奏法について

 

フォルティッシモやフォルテで演奏するときに、前傾してピアノに胴体の重さを預けようとする方がいらっしゃいます。

 

そうするときによって、胴体の重さが腕を通して鍵盤に伝わりやすくなり、確かに大きな音が出ます。

 

しかし、そのような演奏法には次の9つの欠点があります。

  1. 音に雑音が混じりやすい
  2. 側鳴りするが(ピアノの側では音が大きく聞こえるが)、広いホールの後ろ側では存外音が聞こえなくなる
  3. 微細なコントロールがしにくい
  4. 前傾することで、前に転倒することを防ぐために背中側の筋肉が緊張する
  5. その結果、広背筋が緊張し、腕を鍵盤の上に保持するのが困難になり、またしなりを使った奏法が困難になる
  6. 背中側の筋肉が緊張する結果、呼吸がしにくくなる(拙著『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』ヤマハミュージックメディアをご参照ください)
  7. 呼吸がしにくくなる結果、力強さを容易に発揮できなくなる(拙著『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』ヤマハミュージックメディアをご参照ください)
  8. 背中の筋肉が緊張する結果、背骨に大きな負担がかかり、腰痛等の原因になり得る。
  9. 前傾することによって、座骨で胴体や腕や頭を支えられなくなり、足で支えなければならなくなる。

 

1番目の雑音が増える理由は、鍵盤を押し下げる方向と鍵盤が動く方向にズレが生じるからです。これについては、こちらをご参照ください。

 

3番目の微細なコントロールがしにくくなる点については、手首をグニャグニャさせることで対応しようとする人もいますが、手首で物理的なエネルギーの伝達が途切れるので、手首から肘のあいだのどこかを痛めやすくなります。

もっと詳細に原因をお知りになりたい方はこちらをご参照ください。

 

また、8番目の背骨への負担ですが、体重60キロブラムの方の場合、150キログラムを越える重さが背骨にかかります(『病の起源1』2009年2月 NHK出版 115頁参照)。

 

打鍵の際に、背骨にかかる負担は若干減りますが(ピアノの鍵盤が体重の一部を支えるため)、それ以外のときには背骨に負担がかかったままになります。そのような状態でいると、腰や腰以外の背中側に違和感が生じたり、腰痛になったりする原因になります。

 

 

常に極端に前傾して(45度や60度)演奏する

そのように演奏する方は、滅多にいませんが、稀にいます。

 

どのようなケースかというと、

 

  • 本番で椅子との距離をふだんより長く取ってしまったとき
  • 以前は背中側を潰して演奏していた人が、あるときいつもよりは前傾して演奏したときにたいへん調子がよく、それが感覚的に45度から60度くらい傾いているように感じられたために、その誤った感覚的評価にしたがって、演奏するようになったとき

 

前項同様の欠点が常に生じるので、お勧めできません。

少なくとも、2018年2月末まで、日本ではそのように極端に前傾して演奏することを推奨するピアノの本は1冊もありません。

 

 

詳細をお知りになりたい方はレッスンにいらっしゃるか、拙著『実力が120%%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』(ヤマハミュージックメディア)をご参照ください。

 

 

 

 

 

東京個人レッスン

ほぼ毎日

詳細はこちらをご参照ください。

 

横浜個人レッスン

月に数回。

詳細はこちらをご参照ください。

 

特別企画の東京のグループレッスン

ピアノを演奏する方とピアノ演奏を教える方のための課題解決のための講座

『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』(ヤマハミュージックメディア)を使って、次のようなことを行ないます。

  • 和音、オクターブ、スケール(上行・下行)、跳躍、トリル、トレモロを楽に弾けるようになる。
  • 響きのあるフォルティッシモと、音の入ったピアニッシモ
  • 腕の重さで演奏すること(いわゆる重量奏法・重力奏法)の本当の意味と弾き方
  • しなりを使った打鍵
  • よかれと思ってやってしまうことの注意点
  • 自習のための手順
  • 指導する際の注意

 

2019年9月21-22日() 10:10-16:40 東京中野グループレッスン

※ 1日のみのご受講も可能です。

※ 2日目のみをご受講されたい方は、事前に個人レッスンを3回ご受講くださいませ(そのうち1回は2019年6月以降に受講する)。

 

舞台の本番や大事な場面でのあがり症・緊張を解消する~アレクサンダーテクニークとボディマッピングとポリヴェーガル理論を使って

次のような状態を解消する方法を学びます。

  • せっかく練習しても。舞台の本番であがったり、緊張したりして、実力が発揮できない。
  • 大事な場面で(例えば演奏やダンスの本番で)、地面に足がついていない感じがある。あるいは脚がなくなった感じになる。あるいはエネルギーが上に上がりすぎて、降りてこれない感じがある。
  • プレゼンテーションのときに、声が震える。あるいは顔が真っ赤になる。声がうわずる。固まる感じがある

 

2019年9月23日(月・) 9:15-12:45 東京田端グループレッスン

 

レギュラーの東京・横浜グループレッスン

各回に講師が提示するテーマはありますが、なるべくご受講される生徒さんのご要望・解決されたい課題にそってレッスン致します。

自由な呼吸と本当の声を取り戻す

声を出しやすくする方法を学びます。

呼吸に伴う胴体の自然な動きを取り戻すことで次のような効果があります。

  • ピアノ奏者の場合には。バランスを崩しにくくなる(支えができる)
  • 弦楽器奏者や管楽器祖との共演がしやすくなる方法です。
  • た演奏に必要な力強さが増します。

2019年8月21日(水) 19:00-21:30 東京荻窪グループレッスン

 

指の動きを改善する

パソコンの操作やスマホの操作で、指の動きを改善されたい方、特に親指の付け根やその反対側が筋肉痛になる方、手首が固いくなる方の改善方法をお伝えします。

ピアノ奏者の場合には、次のようなことを学ぶことができます。

  • オクターブや和音を弾きやすくする方法
  • トリルやトレモロを弾きやすくする方法
  • スケールが弾きやすくなる方法
  • 手首が固くなったり痛くなったりしない方法
  • 小指や親指が動かしやすくする方法を学びます。

2019年8月25日() 9:15-11:45 横浜大倉山グループレッスン

2019年8月26日(月) 14:00-16:30 東京荻窪グループレッスン

2019年9月11日(水) 19:00-21:30 東京荻窪グループレッスン

 

首を楽にして、腕の動きを改善し、道具や人に腕の重さを適度に伝える

ピアノ奏者の場合は上行・下行、トレモロ、トリル、フォルティッシモを楽に弾く。腕の重さで弾くことを(重量奏法・重力奏法)理解する。

2019年9月29日() 9:15-11:45 横浜大倉山グループレッスン

2019年10月16日(水) 19:00-21:30 東京荻窪グループレッスン

2019年10月21日(月) 15:00-17:30 東京荻窪グループレッスン

 

腰・膝・股関節・太もも・すね・ふくらはぎの違和感・痛み・ひどい疲れ、外反母趾・内反小趾を改善する

ピアノを演奏する方の場合は以下を学ぶことができます。

  • 上行・下行を楽にする方法(股関節からのアプローチ)。
  • ペダリングを楽にする方法。

2019年10月27日() 9:15-11:45 横浜大倉山グループレッスン

2019年11月20日(水) 19:00-21:30 東京荻窪グループレッスン

2019年11月25日(月) 14:00-16:30 東京荻窪グループレッスン

 

 

 

 

つぎのような課題がある方のための個人レッスンまたはグループレッスン。詳細はこちらをご参照ください。

    • 演奏中、演奏後に違和感痛み、ひどい疲れを感じる
    • さくて、手を開くのが苦手
    • 「腕重さ演奏しなさい、きなさい」と注意を受けるが、どうやってよいのか分からない。
    • 脱力が分からない
    • お腹の支えが分からない
    • 初見演奏するのが苦手(練習すると疲れる)
    • 演奏のこもる広がらない
    • ペダリングで脚が重い。間に合わない、右足首がいつも筋肉痛。
    • 苦手がある。あるいは演奏しにくいフレーズがある。
    • リストが苦手
    • バロック音楽の演奏が苦手
    • 速いパッセージが苦手。あるいは、速いリズムでかろうじて弾けるが、リズムについていけない。
    • オクターブが苦手。。手や腕が痛くなる。指が届きにくい。
    • 大きな音フォルティッシモフォルテ)が苦手。音が出ない。あるいは大きな音で演奏すると、雑音が混じりやすい
    • 跳躍が苦手
    • 上行が苦手、下行が苦手
    • 連打が苦手
    • 小さい音ピアニッシモピアノ)で演奏するのが苦手。音が入りにくい。音が出ない。
    • クロスバンドが苦手。
    • 本番で上がりやすい。緊張しやすい。
    • 音の粒がそろわない。
    • 音の密度が乏しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です