ピアノ奏者とのレッスン-演奏会場のピアノを弾くのが苦手-地図をフェルトつきのハンマーに拡張する

2016年3月の札幌でのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのグループレッスンで、ピアノ奏者の方とレッスンしました。

 

初対面のピアノを演奏するのが苦手ということでしたので、楽器に脳の中の身体地図を拡張するワークを行いました。

 

実は楽器や道具に触れると、うまくいくときには、脳の中の身体地図が道具や楽器にまで拡張します。

うまくいっているときには、指が鍵盤に触れた瞬間、私たちの脳の中の身体地図(ボディマップ)は、フェルト付きのハンマーにまで拡張するのです。

これを身体近接空間(ペリ=パーソナル・スペース)といいます(『脳の中の身体地図』サンドラ&マシュー・ブレイクスリー インターシフト刊を参照した)。

植木屋さんごっこ

特に、ふだん練習に使っているご自分の楽器を、発表会や演奏会の演奏会場に持っていけないピアノ奏者が、あまりなじみのないピアノを演奏するときに、うまくいかないことが多いです。

 

そこで、傘を使った”植木屋さんごっこ”を行いました。

身体近接空間ペリ=パーソナル・スペース:脳マップされた身体外側空間)を確実にピアノのエスケープメントのところにまでに拡張させるためのワークです。

 

この前後に鍵盤を使ったワークもありますが、割愛します。

 

効果は主に次の2つです。

  • ピアノが弾きやすくなる
  • 音の質を思った通りに変えることが容易になる

 

アレクサンダー・テクニークを使って、ピアノを弾く RIMG0017-s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに1歩進んで、脳の中の身体地図をハンマーにまで、より進んでマップする方法もありますが、ここでは割愛します。

 

 

 

 

 

 

この日の札幌でのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのレッスンで、全体で行ったことやまとめは、下記のリンク先へ

札幌レッスンのご報告その1:3/24-3/27(木-日)アレクサンダー・テクニーク札幌ワークショップ

 

 

 

お悩みのあるピアノ奏者向けのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのレッスンの詳細は下記リンク先へ。

ピアニストの方に-演奏中の腕・肩・首・腰への負担を減らしたい方、運指を改善されたい方、オクターブの連打が苦手な方、重量奏法・重力奏法を身につけたい方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です