アレクサンダーテクニークの咳(せき)に関するレッスン

レイアウト変更:2011/4/25
掲載日: 2003/9/26

アレクサンダーテクニーク教師養成コースの訓練生風邪をひく

2003年9月25日(木)に、わたしの通っているアレクサンダーテクニークの教師のトレーニング・コースで、今日の学んだことを書きます。

私は、風邪を引いている。とにかく咳が止まらないし、鼻水も出る。けれど、長すぎる。もう3週間も風邪を引いている。なんか、おかしい。

アレクサンダーテクニーク教師養成コースでの咳に関するレッスン

トレーニング・コースで、ディレクターの先生が、

「じゃあ、これからactivity(生徒が特に観察してみたい自分自身の動き、あり方)に時間を取ろう。なにかやりたい人はいるかい?」と(英語で)いつものように、私たち訓練生に向かって、おっしゃった。

ひろひこ:「咳について、見てみたい。ずっと、風邪を引いているけど、ほんとうに風邪を引いているのか? それとも、私自身の使い方の問題なのか、見てみたい」

他の訓練生たち:「(笑い声)」

ディレクター氏:「咳はたいていの場合、自分の意思で、やめることができるんだ。咳をしていたら、いつまでたっても、咳が出続ける。咳が出そうなとき、自分の全体性に戻るんだ」

ディレクター氏は、そう言いながら、手を置いてくれた。楽になるが、彼が手を離すと、

ひろひこ:「ああ、また出そうだ」

ディレクター氏「そうだね。」

また咳が出る。

ディレクター氏「いいかい、自分自身にワークし続けるんだ。そうすれば、少しずつ、気管が潤ってきて、咳は自然に止まる。とにかく、君はこれを1週間自分で続けて、その後どうなったか、ぼくに教えてくれたまえ。」

アレクサンダーテクニークのワークを続ける

そして、それから、自分自身にワークし続けている。具体的には私自身に余裕を与え続けることと(インヒビション)、身体が縮こまりそうになりそうなときに、全身にくまなく伸びやかになる方向(ディレクション)を送り続けることを繰り返す。

まだ、1週間は経っていないけど、風邪を引いてから縮こまっていた体が、どんどん大きく膨らんできている。

ワークし始めて、1時間くらいは、特に呼吸が大きくなって、喉を通る空気が、湿ってくるのが分かる。そして、全身から暖かい、よく湿った空気が出て行くようになり、からだのなかの潤いがどんどん戻ってくる。

そういえば、過去に怪我をしたために、それ以来ずっと体に不調を抱えていると訴える大勢の方たちに、わたしは、今までレッスンしてきた。

そして、わたしがその人たちにレッスンを行って、彼ら自身が行っている有害な動きをやめてもらうと、彼らの痛みがなくなるとか、より自由に動けるようになるとかいうことが、何度もあった。

今回のアレクサンダーテクニークのレッスンも、それと同じで、実はなんの不思議もない。不思議はないので、先生のアレクサンダーテクニークのレッスンなしに、自分ひとりで気づけなかったことが、ちょっと残念だった。まだまだ、成長する余地があるぞっ!

アレクサンダーテクニークの学校のメルマガ

アレクサンダーテクニークの学校のメルマガ登録へ。

アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのレッスン
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細