アレクサンダーテクニーク教師の視点で眺めると、人々は人生の転機に全身のコーディネーション(つながり)を失いがち

アレクサンダーテクニークのコーディネーションとは

私たちは、全身のそれぞれのパーツがそれぞれの働きを持ちつつ、私たち全体が有機体として働きます。

アレクサンダー用語では、それをコーディネーションと呼びます。

そして、このコーディネーションは、しばしば乱れることがあります。

季節の変わり目

季節の変わり目季節の変わり目は、心身の健康が乱れることが多いです。
人身事故が増えるのも4がつ、5月が多いそうです。

 

 

 

 

人生の転機

引っ越しまた、

  • はじめての一人暮らし
  • 引っ越し
  • 就職
  • 同棲
  • 結婚

などの人生の転機に、人は活動中の全身のコーディネーション(つながり)を失いがちです。

アレクサンダーテクニーク教師の私の場合は、2000年10月に当時の勤務先が倒産しましたが、それはそれは大きな転機でした。

女性に特有な生理学的な状態

生理女性特有のこともあります。イベントとしての側面もありますが、ホルモンの状態が変わったり、ひどい痛みを感じたり、じゅうぶんに睡眠できない状態になったりします。

初経を迎える

それぞれのサイクルで、月経を迎える

男性には想像もつかない痛みを経験する方たちもいる

妊娠する

出産する

乳飲み子の子育て

閉経する

 

介護

介護これも人生の転機ですが、深刻なのは、介護のために仕事を離れなければならないような深刻な事態になることもあることです。

離職した結果、生活のための費用がじゅうぶんではなくなったり、

あるいは仕事を減らすだけでも、その人のコーディネーションが乱れることがあります。

たまにしかレッスンにいらっしゃらないのに、いつも非常に、アレクサンダーテクニークで言うと言うところの全身のコーディネーションが整っていた方が、急に乱れていて、そうしたらご両親の介護が始まっていたということは何度も経験しました。私も年齢的に他人事ではありません。

肉親や親しい人の死

肉親や親しい人の死も、影響が大きいです。

アレクサンダーテクニークのレッスンを継続的に受講されていたら、コーディネーションが乱れることは減る

1ヶ月に1回から2回、アレクサンダーテクニークのレッスンを継続的にご受講されていたら、そこまでコーディネーションが乱れることは少ないのですが。。。

 

仕事は、私たちのコーディネーションを刺さる大きな要素なのです。もし肉親が要介護状態になたら、ですので、デイ・サービスその他の手段を講じながら、できるだけお仕事を続けることをお勧めします。

 

 

いずれにせよ、こういった折りにアレクサンダーテクニークのレッスンをご受講されることは助けになります。

全身が縮こまっていたり、過度に緩んでいたら、起こった事態に適切に反応できません。アレクサンダーテクニークのレッスンをご受講することで、コーディネーションを整え、出来事に対して選択肢を持つことができるようになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細