月刊『ピアノ』2019年12月号にアレクサンダーテクニークの特集が

月刊ピアノ アレクサンダーテクニークのレッスン特集号ヤマハミュージックメディアから毎月でている月刊『ピアノ』にアレクサンダーテクニーク教師の森朝さんが取り上げられています。カラー6ページ。

 

実は2019年にヤマハミュージックメディアさんからでたピアノとアレクサンダーテクニークに関する本は3冊出ました。

  • 『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』かわかみひろひこ著 2019年2月
  • 『ピアニストのためのアレクサンダー・テクニーク 』森 朝 著 2019年5月
  • 『ピアノと友だちになる50の方法 からだの使い方』小野 ひとみ 著, 小原 孝 監修 2019年8月
実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブックピアニストのためのアレクサンダー・テクニークピアノと友だちになる50の方法 からだの使い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中の本が森朝さんの本です。1冊だけ、B5版で、サイズが大きいです。他はA5版です。

時系列的には、拙著がいちばん最初にでましたが、企画が通ったのは、2017年12月で、実は企画のスタートはいちばん最後でした。。。ということは、最近知ったのですが、それはさておき。。。

 

森さんは、3人の著者のひとりで、3人のなかでは、唯一ピアニストです。

ちなみに私かわかみの妻も、ピアニストさんです。

 

記事の紹介

さて、今回の記事は全部で6ページ。

 

最初の2ページには、2つのことが書いてありました。

 

1つ目。アレクサンダーテクニークの簡単な紹介。

 

2つ目。音色と音の質について、ドイツ留学中に教授から注意され、今までとは違ったアプローチをするためにアレクサンダーテクニークのレッスンを受け始めた。そして、アレクサンダーテクニークのレッスンを受け始めたら、注意されなくなったというご経験が書いてありました(なんという大雑把な要約)。

 

詳しくは雑誌を買って読みましょうね。

 

そして、残り4ページは、カラーでアレクサンダーテクニークを紹介。ピアニストのみならず多くの方に役立つであろうワークの紹介もあります。

おそらくhands on back of the chairから編み出したと思われるオリジナルの指と手のワークも紹介されています。

 

詳しくは、ご自分で読んでくださいね。

 

アレクサンダーテクニークで、なぜ音が変わるのか?

森さんのご見解は、雑誌をご覧になってくださいね。

 

以下は私の見解です。

 

全身がのびやかになり、「からだ」のなかに、あたかも”力”の通り道ができるから。そして、効率よく物理的なエネルギーが伝達されるから

実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック力んだ状態は、押し下げ=頭や四肢の胴体への引き込み、胴体をつぶすこと が起きており、力感があるけれど、有効に物理的なエネルギーがスチール製の弦に届きません。反対に、抜けすぎても、届きません。

具体的なテクニックは、拙著『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』に書いたので、ご覧ください。

 

 

脳のなかの身体地図が少なくとも、フェルト付きのハンマーヘッドやダンパまで拡張するから

上手く拡張できない場合の拡張の仕方は、拙著『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』をご参照ください。

またこちらのコラム『ハーフ・タッチについて—杉谷昭子先生の訃報を聞いて』も合わせてご覧ください。

 

 

ピアノに関節技を掛けないから

これは実はページが足らなくて、拙著に書けませんでした。

コラム『ピアノのしなりを使った奏法』をご参照ください。

 

 

 

 

 

ピアノを弾く方たちのためのアレサンダーテクニークのレッスン

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です