福岡個人レッスンのご報告:中国拳法の先生-2019年11月21日(木)

八卦掌に役立つアレクサンダーテクニーク2019年11月21日(木)、ほぼ1年と3週間ぶりに、福岡県福岡市を訪れました。

この日は、福岡の書店回りをし、夜に個人レッスンをしました。福岡での出張レッスンを始めた2008年からご受講くださっている、中国拳法の八卦掌の先生とのレッスンです。
 
八卦掌というのは、映画『グランドマスター』ツァン。ツィーさんが演じた女性の中国拳法家が使っていた拳法です。
内家拳と言えば、太極拳、八卦掌、形意拳と言われる、とてもメジャーな憲法で、身体を大きくひねるのに大きな特徴があります。
 
この日のレッスンは次の2つがメイン・テーマになりました。

  • 全身の協調を高めることと
  • 股関節の内旋・外旋

 

後者についてもう少し詳しくお話しします。

どちらの足が前に進むときであっても、進む側の脚の股関節は少なくとも一瞬は外旋するということです。

 

八卦掌には走圏(そうけん)という功法がありますが、私見ですが、その際にも上記の股関節の内旋、外旋は使います。

 

この八卦掌の先生はたいへんな知識人で、弘法大師空海のお講座を先日終えたばかりでした。次回からは荘子についての講座をされるそうです。

 

次回以降の福岡でのレッスンの情報はアレクサンダーテクニーク福岡レッスンのページへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です