喉の違和感の原因は。。。

エヘン虫おはようございます。

 

今年はスギ花粉症がとても軽く、花粉の飛散量が少なかったのかなと思ったほどでしたが、まったくそういうことではなく、苦しそうな方たちをたいへんお見かけしました。

 

「よくなった!」と喜んでいたら、1ヶ月くらい前から喉の”いがいが”が出てきて、しばらく咳がひどかったです。

 

 

黄砂? それともPM2.5?と思っていました。それもあったかもしれません。

 

それもあったかもしれませんが、喉に違和感が現れて、「エヘン」とか「ん、ん」とかしそうになったときに、先週の火曜日から、しつこいほどアレクサンダー・テクニークのディレクションを送りつつけたら、咳があまりでなくなりました。

 

なんらかの刺激があったのは間違いありませんが、それに対する反応として喉の不調を大きくしていたのです。

 

これって、アレクサンダーテクニークの基本やんか~!
13年以上教えていると言っても、まだまだだなあ。。。

 

 

演奏と呼吸については、6月15日(水)18時20分から、東京でグループレッスンをします。詳細はこちらへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細