はじめてアレクサンダーテクニークのレッスンを受けたら、呼吸にしにくくなったというフィードバック

2016年3月の札幌でのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのグループレッスンで、ピアノ奏者の方とレッスンしました。

はじめていらしたピアニスト(ピアノ奏者)の方から、レッスン中に

「はじめてアレクサンダーの原理を使って演奏してみたら、呼吸しにくくなった」

というフィードバックがありました。

後ろから捕まえられて動けなくされてから、歩く

後ろから捕まえられて動けなくされてから、歩く

2003年に教え始めた頃でしたら、

「そんなはずはないだろう!」

と思っていたでしょうが、経験を重ねた今思うのは、そういうことは起こりうるということです。

 

と申しますのも、生徒さんにとっては、今までとは異なるやり方で行うのですから、自律神経系の交感神経(逃走・闘争反応を司る)と背側運動核からスタートする迷走神経(ポリヴェーガル理論によると凍りつき反応を司る)が過剰に活性化して、そのような事態になりうるのです。

 

このような場合には、興味を引くような別の経験をして、安全なのだということを脳幹と小脳レベルで理解して頂く必要があります。

 

そこで、後ろから捕まえてもらって、歩くゲームをしました。

ふつうに歩こうとすると、力いっぱい前に進もうとても、歩くことはできません。

しかし、呼吸に伴う背中側や胴体の側面の動きを大事にすると、容易に歩くことができます。

 

この後で、この方に、背中側や胴体の側面の動きに注意を向けていただきながら、アレクサンダーテクニークを使って、全身を伸びやかにして演奏していただきました。

より容易に力強くピアノが演奏できることをご経験いただきました。

 

 

この日の札幌でのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのレッスンで、全体で行ったことやまとめは、下記のリンク先へ

札幌レッスンのご報告その1:3/24-3/27(木-日)アレクサンダー・テクニーク札幌ワークショップ

 

 

 

お悩みのあるピアノ奏者向けのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのレッスンの詳細は下記リンク先へ。

ピアニストの方に-演奏中の腕・肩・首・腰への負担を減らしたい方、運指を改善されたい方、オクターブの連打が苦手な方、重量奏法・重力奏法を身につけたい方

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です