ゴスペルの方とアレクサンダーテクニークのレッスン

アレクサンダーテクニーク札幌レッスン

ゴスペルとアレクサンダー・テクニーク
ゴスペルとアレクサンダー・テクニーク

2016年3月の札幌でのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのグループレッスンで、ゴスペルの歌い手さんとレッスンしました。

+

+

+

アレクサンダーテクニークを使って歌うと声が出しやすくなる

アレクサンダーテクニークのワークで、全身がのびやかになり、落し下げがなくなると、

  • 声帯への負担が減り
  • 股関節が開き、
  • 胴体に声が響き
  • 足から地面に声の振動が伝わるように

なります。

歌とアレクサンダー・テクニーク

ゴスペルの方が「ウォーミングアップしないで、こんな風に声が出たのは初めて」とおっしゃいました。

ゴスペルの仲間たちにも経験して欲しいので、旭川にてアレクサンダーテクニークのグループレッスンの生徒さんを集めてくださるとおっしゃってくださいました。

この日の札幌でのアレクサンダーテクニークとボディマッピングのレッスンで、全体で行ったことやまとめは、下記のリンク先へ(写真をクリック)

民族的な歌の場合にはアレクサンダーテクニークの使い方に注意事項あり

読経や、ゴスペル、演歌、邦楽の楽器(三味線、琵琶)演奏のときには、実は普通のアレクサンダーテクニークのレッスンをすると、うまく行かなくなることがあります。

私の場合にはウィリアム・コナブル博士直伝の7層のボディマッピングの第1層目のワークで、不都合を解消し、身体の自由さとパフォーマンスが上がることを両立させています。

アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのレッスンの勧め

自由に歌えるようになりたい方のためのアレクサンダーテクニークのレッスンのご案内は下記のリンク先へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細