WEBのSEO対策。今までほとんど気にしたことはございませんでした。

 

しかし、これからは少しずつ行ってゆきます。ひとりでも多くのアレクサンサーテクニークの生徒さんと出会うために。

 

例えば、私は固定化してしまうのが厭なので、WEBに”あがり”のことは書いても、”あがり症”とは表現してこなかったのですが、”あがり”で検索している人はほとんどおらず、”あがり症”ならばたくさんいる。。。そうであれば、見つけていただくためには、あがり症と書くしかないのでしょう。

私自身の言葉のこだわりは、WEBでは保留する必要がありますね。

 

 

もちろん検索ワードとして弱くても、ゆずれないところもあります。例えば、 アレクサンダーテクニークという名称です。

 

生徒さんを呼ぶためのワークショップに行くと、10年前は、
「そんなもん聞いたことない。西洋整体のほうがよいよ」
「誰も知らない名前にこだわっているからダメなんだよ」
「西洋人のヨガって言いなよ」

と講師の方とか、他の受講者の方たちからダメだしされるのが常でした。けれど、本当に折れなくてよかったです。

10年前って、私すでに結構売れっ子のアレクサンダーテクニークの教師で、楽器店その他でも講座の依頼を受けて教えていました。当別講座で音大でも教えていたし。

 

きっと諸先輩たちもそうだったのでしょう。ダメ出しされたことは、100回や1000回どころではなかったはずなんですよ。それでも、アレクサンダーテクニークという名称を使い続けて、もちろん10年前や16年前はアレクサンダーテクニークで検索する人はほとんどいなかったでしょう。しかし、それでもその名称を使い続けて、レッスンをひたすら行って、生徒さんがいらっしゃらないときは絶えて、 そうやって、アレクサンダーテクニークが定着してきたのです。

 

そして、いかに検索件数を稼ぐためとは言え、アレクサンダーテクニークの本質からずれていること、どこかから持ってきたコーチングのことを延々と書くということもしません。そんなことをしたら、アレクサンダーテクニークはきちんと世の中に伝わりませんし、結局私たち自身の首を絞めるだけです。

 

 

いまだに、たまに交流会に行くと、ダメ出ししてくる人ってていますよ。
「アレクサンダーテクニークとは何か? 20文字以内で説明しなさい? えっ、しないって。そんなんじゃ絶対に生徒さんなんてひとりも来ないよ」
とか。

仕方ないので、私がどういうところで教えているか説明すると(音大とか楽器店とか、アロマセラピーの学校とか)、
「なんでも屋さんは、だめだよ」て。

なんでも屋ではなくて、アレクサンダーテクニークの教師で、あらゆるジャンルの方にアレクサンダーテクニークを教えているのです。

たいていダメ出ししてくる人よりも、私の方が確実にたくさんお仕事いただいているし、長く専業として仕事にしているのだけれど。

 

 

アレクサンダーテクニークという単語のgoogleでの月間検索件数は、平均4500件。

1日平均150件。そんなにあるのだと驚きます。

私が教え始めた14年前は、アレクサンダー教師のWEBは1つしかりませんでした(私のではなくて先輩の)。

当時は検索件数など低かったのでしょう。 SEO対策の1つに検索件数の多い単語を組み込むという手法もあります。そういうことも戦術的には必要なのだと思うのですが、長期の戦略上は、ないところから流れを作っていくことも大事だなと。