速いパッセージを演奏するときに窮屈になってしまい、思うような演奏ができないクラリネット奏者の方とのレッスン

2015年6月17日(水)東京学芸大学の第1時間目の授業でのピアノクラリネット奏者の方とのレッスンです。

クラリネット(木管管楽器)奏者とスキップ その1

クラリネット(木管管楽器)奏者とスキップ その1

クラリネット(木管管楽器)奏者とスキップ その2

クラリネット(木管管楽器)奏者とスキップ その2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木管楽器のクラリネット奏者の方が、速いパッセージを演奏するときに、窮屈になって思うように演奏できないということでした。

 

速い曲を演奏するときのディレクション

「からだ」を伸びやかにするための基本的なディレクションをご経験いただいた後、

伸びやかにしたまま、いっしょにスキップしました。

速いパッセージを演奏するためのディレクションを体得していただくためです。

 

クラリネットを構えるときの二の腕や胴体への負担を減らす

胴体から腕に向かう筋肉を解放するディレクション

胴体から腕に向かう筋肉を解放するディレクション

その後で。そもそも楽器を構えたときに、二の腕や胴体に負担がかかるということでしたので、

腕を持ち上げるときの頭と胴体のディレクションを経験していただいた後に、

胴体から二の腕に向かう筋肉を解放するディレクションを経験していただいています。

 

そうすると。楽器を構えたときに肩や二の腕に負担がなくなりますし、

演奏中の呼吸も楽になります。

 

 

 

 

 

 

クラリネットの演奏

クラリネットの演奏

 

当然ですが、思い通りの演奏に1歩近づきます。

 

 

 

 

 

 

2015年6月17日(水)東京学芸大学の第1時間目の授業で、アレクサンダー・テクニークを教えました。そのレッスン・レポートです。

 

全体で行った総論とまとめは、『ご報告:東京学芸大学で、演奏を専攻される方たちにアレクサンダー・テクニークの授業をしました(2015年6月17日)』をご参照くださいませ。

 

 

思うような音が出ない、息が吸いにくい、楽器が重いなどのお悩みをお持ちの感が起草者向けのレッスンは下記のリンク先をご参照くださいませ。

息が吸いにくい、楽器が重い、首・肩・二の腕・肘・腰に違和感がある、「からだ」がねじれる感じがあるなどの課題をお持ちの管楽器奏者の方に

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です