アレクサンダーテクニークで、一方の目の過度な優位を改善し、活動中に「からだ」に過剰な負担を減らす

目の優位性に左右差があると、全身の筋肉が左右偏って緊張しやすい

アレクサンダーテクニークを使って、目の左右のバランスを取るために使う、ビーズに紐
ビーズに紐

0左右の目(視覚野)の傾向が、両方とも広い場合、あるいは両方とも狭い場合で、

かつ

一方の目があまりに優位だと、活動中の「からだ」過剰な負担がかかることがあります。

なぜならば、私たちは目から受け取る情報が非常に多く、また目から受け取る情報を取りに行くので、特に視力が悪いと、頭部が前に引き出されがちになります。

そして、語脳の目が優位すぎると、頭や胴体が左右いずれかの前方に引き出され、身体を保持するために全身に張り巡らされた抗重力筋が、左右偏って緊張するからです。

左右の偏りがあるかどうかについて調べる方法-アレクサンダーテクニークワーク前

それを簡単に調べることができます。

100円ショップ(セリア)や東急ハンズで、木の直径1センチくらいのビーズを入手し、たこ糸などの太い糸や紐を通します。紐の長さは1.8メートルくらいはある方がよろしいと思います。

 

 

一方の端を私たちの眉間よりも下のところに固定し、他方をどなたかにもっていただくか、なにかに結びつけます。

 

そのようにして、ビーズの穴に焦点を当てたときに、次のように見えたら、上手く行っています。

左右の目がバランスが取れた状態のときに、ビーズと紐を見て、見える映像
左右の目がバランスが取れた状態のときに、ビーズと紐を見て、見える映像

ところが、一方が薄く見えたり、まったく見えなかったり、途中で消えていたりしたら、両眼視がすばらしく上手く行っているとは言いがたい状況です。

 

ビーズの位置を変えたり、ビーズを複数つけて、焦点を合わせるところを次々と変えましょう。どこを見ても上手くいっていたら、とりあえず左右のバランスは取れていると言ってよいでしょう。

このやり方は、昔10代の頃に通った視力回復センターで学びました。結局そこでは視力は回復しませんでした。

 

おそらくベイツ・メソードの方法だと思います。

 

このようなときに、私のアレクサンダーテクニークとボディマッピングを使って改善することができます。念のために申し上げますが、このワークの目的はパフォーマンス(表現力、運動能力)の改善です。

アレクサンダーテクニークを使って改善する方法

具体的な方法のさわりを説明します。アレクサンダーテクニークの基本の4つのディレクションを使って、全身を解放して、視覚情報を受け取り続けます。

その際に大脳の左右の視覚野が上や後ろの空間に向かって、広がっている方向を思います。膨らむ形を変えていくと、どのように見え方が変わるのかを観察し続けます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細