アレクサンダーテクニーク使って、片手でカバンも持ち上げる そして歩く

カバンを持ち上げて歩く(アフター)
カバンを持ち上げて歩く(アフター)

カバンを持ったまま歩くのをアレクサンダーテクニークのレッスンで行いました。

カバンを持ち上げる(ビフォー)

カバンを持ち上げるときに、私たちが行ってしまいがちなことがあります。

「からだ」を押しつぶして(押しさげて)カバンに手を伸ばす。すると、カバンを取りに行った側の半身(下の例では左半身)が押し下げられます。

この押し下げを筋肉の働きで説明します。

  1. 胸から腕(下の例では左腕)に向かう筋肉と、背中側から腕(下の例では左腕)に向かう筋肉が同時に緊張する。
  2. 左側のお腹側と背中側の筋肉が同時に緊張する
  3. お腹側から太ももに向かう筋肉と、背中側から太ももに向かく筋肉が同時に緊張する。

運動学や解剖学で言うところの共収縮が起こるのですが、主働筋と拮抗筋が同時に緊張します。そして、固まって動きにくくなります。

カバンを持ったまま歩く(ビフォー)

すると、下のGIF動画のように次に1歩歩くたびに、あたかもカバンの重さに振り回されて「からだ」が大きくぶれます。

そして疲れます。

カバンを持ち上げて歩く(ビフォー)
カバンを持ち上げて歩く(ビフォー)

アフターも、やはりからだは揺れますが、ブレが小さくなり、からだ全体が伸びやかになっていることがお分かりになりますか?

カバンを持ち上げて歩く(アフター)
カバンを持ち上げて歩く(アフター)

写真は2018年3月25日()の札幌でのグループレッスンより。

2018年3月25日()の札幌でのグループレッスンの全体のレポートは下記をご参照ください、

札幌レッスンのご報告その4:2018年3月25日(日)グループレッスン&個人レッスン

レッスンについは。下記をご参照ください。

レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。