リライトの上再掲載 2014年12月25日

初出 mixi 2007年12月7日 0時間7分

 

お化けの画像先週新潟で3回目のグループレッスンをしました。そのときに参加者の一人の方から次のようなご質問をいただきました。

 

「立ったり、座ったり、歩いたり、あるいは演奏したりするときに、自分自身のじゃまをしている
としたら、本当はそれをしたくないのではないか?」

 

あっ! それって頭で考えた架空の心理学だよね。そういうふうに考えちゃうと不自由になっちゃうんだよね。
もしそうだったらすべての近視の人は、遠くを見たくないから近視になったことになる。。。

 

その方は、実際にワークを受けて、「からだ」が自由になったり、演奏のパフォーマンスが向上したりした後にも、同じ質問を繰り返されるので、注意深く次のように答えました。

 

「すべての癖(くせ)にはそれが生じる正当な理由がありました。それは痛みだったり、怪我だったり、事故だったり、虐待だったり、恐怖だったり、悲しみだったり、忙しさだったり。。。なにかだったかもしれません。

 

そして原因が去った後に、ちょっとギュッと固めて、自分自身の行為を邪魔(じゃま)したり、あるいはそこに存在していること自体にじゃまになる癖(クセ)が残ってしまった。

言ってみたら、亡霊なのです。その亡霊は手放してもよいじゃないですか?

演奏のときにうまくいかないから、演奏したくないんだとは思わないほうがよいですよ。それって解釈で話を複雑にしているだけで、なんの解決にもつながりませんから」

 

分かってくれたのならよかったのだけど、どうだったかな?