東京&横浜グループレッスン

アレクサンダーテクニーク教師 かわかみ ひろひこ アレクサンダー・テクニークのレッスンと日常での実践で、次のような効果が期待できます。

  • 自律神経の働き方が健康的になる(1973年にノーベル医学生理学賞を受賞した動物の行動学者で医師のニコラス・ティンバーゲンが受賞記念講演を参照)。
  • ストレスに強くなるる(1973年にノーベル医学生理学賞を受賞した動物の行動学者で医師のニコラス・ティンバーゲンが受賞記念講演を参照)。
  • 首コリ、肩コリ。腰痛が軽減される(腰痛に関しては、2008年のBritish Medical Journalにエビデンスが掲載された)。
  • 疲れにくくなる
  • 椅子に座った事務作業が楽になる。
  • 立ち仕事が楽になる。
  • お仕事や家事/子育てでの中腰姿勢や、しゃがんだり立ち上がったりすることが楽になる。 あがりにくくなる。
  • 楽器を構えたり、演奏したりするときの、指や腕や肩の動きが自由になり、呼吸も楽になる。
  • 管楽器では、楽器とのバランスを上手く取ることで。不安なく楽器を演奏することができる。
  • 踊りやすくなる。
  • アロマセッション・リフレクソロジーのセッション等で、「からだ」への負担が減る

 

スケジュール

特別企画グループレッスン

2019年9月21-22日() 10:10-16:40 東京中野グループレッスン

ピアノを演奏する方とピアノ演奏を教える方のための課題解決のための講座

『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』(ヤマハミュージックメディア)を使って、次のようなことを行ないます。

和音、オクターブ、スケール(上行・下行)、跳躍、トリル、トレモロを楽に弾けるようになる。

響きのあるフォルティッシモと、音の入ったピアニッシモ

腕の重さで演奏すること(いわゆる重量奏法・重力奏法)の本当の意味と弾き方

しなりを使った打鍵

よかれと思ってやってしまうことの注意点

自習のための手順

 

 

2019年9月23日(月・) 9:15-12:45 東京田端グループレッスン

舞台の本番や大事な場面でのあがり症・緊張を解消する~アレクサンダーテクニークとボディマッピングとポリヴェーガル理論を使って

次のような状態を解消する方法を学びます。

せっかく練習しても。舞台の本番であがったり、緊張したりして、実力が発揮できない。

大事な場面で、地面に足がついていない感じがある。あるいは脚がなくなった感じになる。あるいはエネルギーが上に上がりすぎて、降りてこれない感じがある。

プレゼンテーションのときに、声が震える。あるいは顔が真っ赤になる。声がうわずる。固まる感じがある

 

 

 

レギュラーのグループレッスン

各回に講師が提示するテーマはありますが、なるべくご受講される生徒さんのご要望・解決されたい課題にそってレッスン致します。

 

 

2019年7月10日(水) 19:00-21:30 東京・荻窪グループレッスン

腰・膝・股関節・太もも・すね・ふくらはぎの違和感・痛み・ひどい疲れ、外反母趾・内反小趾を改善する

ピアノを演奏する方の場合は、上行下行を楽にする方法(股関節からのアプローチ)、ペダリングを楽にする方法を学びます。

管楽器奏者の左右半身でバランスの異なる楽器(フルートホルンユーフォニウム)を楽に支える。
トロンボーン奏者のスライドの操作を改善する。
マーチングを楽にする。

声楽家う方の高音低音支えを改善する方法を学びます。

弦楽器奏者の場合には、弓を長く使う、上げ弓と下げ弓の切り替えをスムーズに行えるようになる方法(股関節からのアプローチ)

ダンスする人の基本のステップや動きを改善します。

 

 

2019年7月22日(月) 14:00-16:30 東京・荻窪グループレッスン

自由な呼吸と本当の声を取り戻す

を出しやすくする方法を学びます。

声楽家やう方の場合には、発声を改善する方法を学びます。

ピアノ奏者の場合には。バランスを崩しにくくなり(支えができる)、弦楽器奏者や管楽器祖との共演がしやすくなる方法です。
また演奏に必要な力強さが増します。

座奏が苦手な弦楽器奏者・管楽器奏者の場合には、解決の糸口を提供できます。

管楽器奏者の場合には、呼吸しやすくなる方法です。

弦楽器奏者の場合には、力強い演奏が可能になる方法です。

ダンスする人の場合は。力強く動ける方法を学びます。

 

 

 

2019年7月28日() 9:15-11:45 横浜・大倉山グループレッスン

自由な呼吸と本当の声を取り戻す

を出しやすくする方法を学びます。

声楽家う方の場合には、発声を改善する方法を学びます。

ピアノ奏者の場合には。バランスを崩しにくくなり(支えができる)、弦楽器奏者や管楽器祖との共演がしやすくなる方法です。
また演奏に必要な力強さが増します。

座奏が苦手な弦楽器奏者・管楽器奏者の場合には、解決の糸口を提供できます。

管楽器奏者の場合には、呼吸しやすくなる方法です。

弦楽器奏者の場合には、力強い演奏が可能になる方法です。

ダンスする人の場合は。力強く動ける方法を学びます。

 

 

2019年8月21日(水) 19:00-21:30 東京・荻窪グループレッスン

自由な呼吸と本当の声を取り戻す

を出しやすくする方法を学びます。

声楽家う方の場合には、発声改善する方法を学びます。

ピアノ奏者の場合には。バランスを崩しにくくなり(支えができる)、弦楽器奏者や管楽器祖との共演がしやすくなる方法です。
また演奏に必要な力強さが増します。

座奏が苦手な弦楽器奏者・管楽器奏者の場合には、解決の糸口を提供できます。

管楽器奏者の場合には、呼吸しやすくなる方法です。

弦楽器奏者の場合には、力強い演奏が可能になる方法です。

ダンスする人の場合は。力強く動ける方法を学びます。

 

 

2019年8月25日() 9:15-11:45 横浜・大倉山グループレッスン

指の動きを改善する

パソコンの操作やスマホの操作で、指の動きを改善されたい方、特に親指の付け根やその反対側が筋肉痛になる方、手首が固いくなる方の改善方法をお伝えします。

ピアノ奏者の場合には、オクターブ和音を弾きやすくする方法、トリルトレモロを弾きやすくする方法、スケールが弾きやすくなる方法、手首が固くなったり痛くなったりしない方法、小指親指が動かしやすくする方法を学びます。

管楽器奏者・弦楽器奏者のの運指を改善する方法を学びます。

声楽家う方の呼吸を改善する方法を学びます(指や腕からのアプローチ)。

バイオリン奏者やビオラ奏者のハイポジションに伴う違和感を改善する方法を学びます。

 

 

2019年8月25日() 9:15-11:45 横浜・大倉山グループレッスン

指の動きを改善する

パソコンの操作やスマホの操作で、指の動きを改善されたい方、特に親指の付け根やその反対側が筋肉痛になる方、手首が固いくなる方の改善方法をお伝えします。

ピアノ奏者の場合には、オクターブ和音を弾きやすくする方法、トリルトレモロを弾きやすくする方法、スケールが弾きやすくなる方法、手首が固くなったり痛くなったりしない方法、小指親指が動かしやすくする方法を学びます。

管楽器奏者・弦楽器奏者のの運指を改善する方法を学びます。

声楽家う方の呼吸を改善する方法を学びます(指や腕からのアプローチ)。

バイオリン奏者やビオラ奏者のハイポジションに伴う違和感を改善する方法を学びます。

 

 

2019年8月26日(月) 14:00-16:30 東京・荻窪グループレッスン

指の動きを改善する

パソコンの操作やスマホの操作で、指の動きを改善されたい方、特に親指の付け根やその反対側が筋肉痛になる方、手首が固いくなる方の改善方法をお伝えします。

ピアノ奏者の場合には、オクターブ和音を弾きやすくする方法、トリルトレモロを弾きやすくする方法、スケールが弾きやすくなる方法、手首が固くなったり痛くなったりしない方法、小指親指が動かしやすくする方法を学びます。

管楽器奏者・弦楽器奏者の運指を改善する方法を学びます。

声楽家う方の呼吸を改善する方法を学びます(指や腕からのアプローチ)。

バイオリン奏者やビオラ奏者のハイポジションに伴う違和感を改善する方法を学びます。

 

 

 

2019年9月11日(水) 19:00-21:30 東京・荻窪グループレッスン

指の動きを改善する

パソコンの操作やスマホの操作で、指の動きを改善されたい方、特に親指の付け根やその反対側が筋肉痛になる方、手首が固いくなる方の改善方法をお伝えします。

ピアノ奏者の場合には、オクターブ和音を弾きやすくする方法、トリルトレモロを弾きやすくする方法、スケールが弾きやすくなる方法、手首が固くなったり痛くなったりしない方法、小指親指が動かしやすくする方法を学びます。

管楽器奏者・弦楽器奏者の運指を改善する方法を学びます。

声楽家う方の呼吸を改善する方法を学びます(指や腕からのアプローチ)。

バイオリン奏者やビオラ奏者のハイポジションに伴う違和感を改善する方法を学びます。

 

 

2019年9月22日() 9:15-11:45 横浜・大倉山グループレッスン

腕の動きを改善し、道具や人に腕の重さを適度に伝える

ピアノ奏者の場合は上行・下行、トレモロ、トリル、フォルティッシモを楽に弾く。腕の重さで弾くことを(重量奏法・重力奏法)理解する。

弦楽器奏者の場合は、重さの乗せ方、響きのある音の出し方、弓使いを楽に(腕からのアプローチ)

バイオリン・ビオラ奏者の左腕を楽に。ハイポジションを楽に。

管楽器奏者の楽器の楽な構え方、フルートなどの横笛やユーフォニウムなどの左右非対称の度合いの高い楽器を楽に構える。サックスを楽に構える。

打楽器奏者の力の有効な伝え方

声楽家の声帯を楽に(腕からのアプローチ)

ダンサーの方たちは腕を伸びやかに使う

 

 

2019年10月16日(水) 19:00-21:30 東京・荻窪グループレッスン

腕の動きを改善し、道具や人に腕の重さを適度に伝える

ピアノ奏者の場合は上行・下行、トレモロ、トリル、フォルティッシモを楽に弾く。腕の重さで弾くことを(重量奏法・重力奏法)理解する。

弦楽器奏者の場合は、重さの乗せ方、響きのある音の出し方、弓使いを楽に(腕からのアプローチ)

バイオリン・ビオラ奏者の左腕を楽に。ハイポジションを楽に。

管楽器奏者の楽器の楽な構え方、フルートなどの横笛やユーフォニウムなどの左右非対称の度合いの高い楽器を楽に構える。サックスを楽に構える。

打楽器奏者の力の有効な伝え方

声楽家の声帯を楽に(腕からのアプローチ)

ダンサーの方たちは腕を伸びやかに使う

 

 

2019年10月21日(月) 15:00-17:30 東京・荻窪グループレッスン

腕の動きを改善し、道具や人に腕の重さを適度に伝える

ピアノ奏者の場合は上行・下行、トレモロ、トリル、フォルティッシモを楽に弾く。腕の重さで弾くことを(重量奏法・重力奏法)理解する。

弦楽器奏者の場合は、重さの乗せ方、響きのある音の出し方、弓使いを楽に(腕からのアプローチ)

バイオリン・ビオラ奏者の左腕を楽に。ハイポジションを楽に。

管楽器奏者の楽器の楽な構え方、フルートなどの横笛やユーフォニウムなどの左右非対称の度合いの高い楽器を楽に構える。サックスを楽に構える。

打楽器奏者の力の有効な伝え方

声楽家の声帯を楽に(腕からのアプローチ)

ダンサーの方たちは腕を伸びやかに使う