東京&横浜グループレッスン

アレクサンダーテクニーク教師 かわかみ ひろひこ アレクサンダー・テクニークのレッスンと日常での実践で、次のような効果が期待できます。

  • 自律神経の働き方が健康的になる(1973年にノーベル医学生理学賞を受賞した動物の行動学者で医師のニコラス・ティンバーゲンが受賞記念講演を参照)。
  • ストレスに強くなるる(1973年にノーベル医学生理学賞を受賞した動物の行動学者で医師のニコラス・ティンバーゲンが受賞記念講演を参照)。
  • 首コリ、肩コリ。腰痛が軽減される(腰痛に関しては、2008年のBritish Medical Journalにエビデンスが掲載された)。
  • 疲れにくくなる
  • 椅子に座った事務作業が楽になる。
  • 立ち仕事が楽になる。
  • お仕事や家事/子育てでの中腰姿勢や、しゃがんだり立ち上がったりすることが楽になる。 あがりにくくなる。
  • 楽器を構えたり、演奏したりするときの、指や腕や肩の動きが自由になり、呼吸も楽になる。
  • 管楽器では、楽器とのバランスを上手く取ることで。不安なく楽器を演奏することができる。
  • 踊りやすくなる。
  • アロマセッション・リフレクソロジーのセッション等で、「からだ」への負担が減る

 

スケジュール

ほぼ毎日、東京荒都荒川区町屋)や池袋荻窪渋谷にて個人レッスンをしています。

横浜の大倉山や三ツ沢上町にて、月に2‐3回平日の水曜日を中心に横浜個人レッスンをしています。

東京・神奈川(横浜その他)・埼玉・千葉・茨城等への2-10名の出張レッスンも随時行います。

出張講座・研修随時受付中です。

少人数のレッスン主体の全国出張のご依頼随時受け付け中です。

 

 

2018年4月 教師養成コース 東京で開講中

 

20204月に教師養成コースへの編入を希望する方たち向けの教師養成コースのための準備コース(中級者向け)を開講しました。

ここでいう中級者とは、20-30レッスンご受講していらしゃる方です。詳細はこちらをご参照ください。

 

 

♪ ♬ ♫ ♫ ♪ ♬

 

 

11月14日(水) 18:20-20:50 東京・荻窪グループレッスン

自由な呼吸と本当の声と体幹の力強さを取り戻す

声楽家の方の場合は、響きのある声に

管楽器奏者の方は、楽器の楽な支え方と自由な呼吸を同時に学びます

それ以外の方にとっても、声を出しやすくして、活動中のしなやかさ、力強さ、余裕。サポートを取り戻す方法です

 

 

11月25日() 9:15-11:45 横浜・大倉山グループレッスン

自由な呼吸と本当の声と体幹の力強さを取り戻す

声楽家の方の場合は、響きのある声に

管楽器奏者の方は、楽器の楽な支え方と自由な呼吸を同時に学びます

それ以外の方にとっても、声を出しやすくして、活動中のしなやかさ、力強さ、余裕。サポートを取り戻す方法です。

 

 

11月26日(月) 14:00-16:30 東京・荻窪グループレッスン

自由な呼吸と本当の声と体幹の力強さを取り戻す

声楽家の方の場合は、響きのある声に

管楽器奏者の方は、楽器の楽な支え方と自由な呼吸を同時に学びます

それ以外の方にとっても、声を出しやすくして、活動中のしなやかさ、力強さ、余裕。サポートを取り戻す方法です。

 

 

12月8日() 9:00-11:30 東京・荻窪グループレッスン

腰・膝・股関節・太もも・すね・ふくらはぎの違和感・痛み・ひどい疲れを改善する

ピアノ奏者の方はペダリングを自由に・上行と下行を楽に

管楽器奏者・弦楽器奏者の運指の改善に、声楽家や管楽器奏者の,呼吸の改善、

ヴァイオリン・ヴィオラ奏者の方は、負担なく力強い音を出せるように

チェロ奏者の方は、脚に負担なく演奏できるように

ダンサーが脚の動きを自由にする方法

腰痛・膝痛や腰・脚・足に違和感のある方の改善に役立つこともあります。

左右の足の体重の乗り方が異なる方に役立つこともあります。

オフィスワーカーの座りっぱなしのときの足腰への負担を減らす。

それ以外の人にとっては、脚・腰の違和感をなくして自由に動けるようになれるように

 

 

12月12日(水) 18:20-20:50 東京・荻窪グループレッスン

全身を伸びやかにして、活動中・活動後の首・肩・肘・腰を違和感・痛み・ひどい疲れを改善する

全身を柔らかく、伸びやかに、しなやかにする基本

首凝り・肩凝り・腰痛を楽に

ピアノ奏者の方腕の重さで演奏する、重量奏法・重力奏法の基本

管楽器奏者の方には、首・腕・方/腰にかかる負担と息の吸いにくさを一挙に解決する

ヴァイオリン・ヴィオラ奏者の方は楽器を楽に顎に挟むことを楽に・楽器を楽に支える

弦楽器を腕の重さを使って演奏する基本

ダンサーが負担を掛けずに踊る方法

 

 

12月24日(月) 14:00-16:30 東京・荻窪グループレッスン

肩・肘・腕・指の動きを自由し、疲れを取る

前腕の骨の意識と、腕のラセンのディレクションを使って、活動中の指・腕・肘・肩の自由な動きを取り戻し、疲れを取ります。次のようなことに役立ちます。

ピアニストの場合には、打鍵の際の腕への負担を減らし、オクターブ・和音を弾きやすくします。

管楽器奏者・弦楽器奏者の運指の改善や、声楽家や管楽器奏者の,呼吸の改善

オフィスワーカーのパソコン作業による疲労の解消。

 

 

2019年1月6日() 9:15-11:45 横浜・大倉山グループレッスン

腰・膝・股関節・太もも・すね・ふくらはぎの違和感・痛み・ひどい疲れを改善する

ピアノ奏者の方はペダリングを自由に・上行と下行を楽に

管楽器奏者・弦楽器奏者の運指の改善に、声楽家や管楽器奏者の,呼吸の改善、

ヴァイオリン・ヴィオラ奏者の方は、負担なく力強い音を出せるように

チェロ奏者の方は、脚に負担なく演奏できるように

ダンサーが脚の動きを自由にする方法

腰痛・膝痛や腰・脚・足に違和感のある方の改善に役立つこともあります。

左右の足の体重の乗り方が異なる方に役立つこともあります。

オフィスワーカーの座りっぱなしのときの足腰への負担を減らす。

それ以外の人にとっては、脚・腰の違和感をなくして自由に動けるようになれるように

 

 

2019年1月12日() 9:00-11:30 東京・荻窪グループレッスン

全身を伸びやかにして、活動中・活動後の首・肩・肘・腰を違和感・痛み・ひどい疲れを改善する

全身を柔らかく、伸びやかに、しなやかにする基本

首凝り・肩凝り・腰痛を楽に

ピアノ奏者の方腕の重さで演奏する、重量奏法・重力奏法の基本

管楽器奏者の方には、首・腕・方/腰にかかる負担と息の吸いにくさを一挙に解決する

ヴァイオリン・ヴィオラ奏者の方は楽器を楽に顎に挟むことを楽に・楽器を楽に支える

弦楽器を腕の重さを使って演奏する基本

ダンサーが負担を掛けずに踊る方法

 

 

2019年1月16日(水) 18:20-20:50 東京・荻窪グループレッスン

腰・膝・股関節・太もも・すね・ふくらはぎの違和感・痛み・ひどい疲れを改善する

ピアノ奏者の方はペダリングを自由に・上行と下行を楽に

管楽器奏者・弦楽器奏者の運指の改善に、声楽家や管楽器奏者の,呼吸の改善、

ヴァイオリン・ヴィオラ奏者の方は、負担なく力強い音を出せるように

チェロ奏者の方は、脚に負担なく演奏できるように

ダンサーが脚の動きを自由にする方法

腰痛・膝痛や腰・脚・足に違和感のある方の改善に役立つこともあります。

左右の足の体重の乗り方が異なる方に役立つこともあります。

オフィスワーカーの座りっぱなしのときの足腰への負担を減らす。

それ以外の人にとっては、脚・腰の違和感をなくして自由に動けるようになれるように

 

 

2019年1月28日(月) 14:00-16:30 東京・荻窪グループレッスン

腰・膝・股関節・太もも・すね・ふくらはぎの違和感・痛み・ひどい疲れを改善する

ピアノ奏者の方はペダリングを自由に・上行と下行を楽に

管楽器奏者・弦楽器奏者の運指の改善に、声楽家や管楽器奏者の,呼吸の改善、

ヴァイオリン・ヴィオラ奏者の方は、負担なく力強い音を出せるように

チェロ奏者の方は、脚に負担なく演奏できるように

ダンサーが脚の動きを自由にする方法

腰痛・膝痛や腰・脚・足に違和感のある方の改善に役立つこともあります。

左右の足の体重の乗り方が異なる方に役立つこともあります。

オフィスワーカーの座りっぱなしのときの足腰への負担を減らす。

それ以外の人にとっては、脚・腰の違和感をなくして自由に動けるようになれるように

 

 

2019年2月2日() 10:00-12:30 東京・荻窪グループレッスン

説得力のある存在感を取り戻す

自律神経系を最適な状態にして、ペリ=パーソナル・スペース(身体近接空間)の密度と質をかえることで、存在の持つ説得力を変えます。

対人的な援助・支援・セラピーを お仕事をする方にとって必要な、人を励ますような存在の質を学びます。

舞台芸術か・表現者で言えば、いわゆるオーラのある、説得力のある存在の質がテーマです。

それ以外の人にとっても、柔らかい存在の質を学ぶと、相手が意に沿ってくれやすくなります。

 

 

2019年2月6日(水) 18:20-20:50 東京・荻窪グループレッスン

説得力のある存在感を取り戻す

自律神経系を最適な状態にして、ペリ=パーソナル・スペース(身体近接空間)の密度と質をかえることで、存在の持つ説得力を変えます。

対人的な援助・支援・セラピーを お仕事をする方にとって必要な、人を励ますような存在の質を学びます。

舞台芸術か・表現者で言えば、いわゆるオーラのある、説得力のある存在の質がテーマです。

それ以外の人にとっても、柔らかい存在の質を学ぶと、相手が意に沿ってくれやすくなります。

 

 

2019年2月25日(月) 14:00-16:30 東京・荻窪グループレッスン

あがり症・過度な緊張からの回復と集中力の回復

大事な場面であがったり、過度な緊張をするのは自律神経が関わります。

寒くなると、古傷が痛むのも自律神経系が関わります。

また大事な場面でに集中力が途切れ、素に戻ってしまうのは、脳の使い方です。

自律神経と脳の適切な使い方を学びます。

 

 

受講料

4,500円・1回につき

要予約

 

 

カレンダー

 

 

 

お申し込み

かわかみひろひこまで 次のメールフォームに入力くださいませ。

ただし、ケイタイ用またはスマートフォン用お申し込み込み・お問い合わせフォームはこちらです。

フォームが表示されないときには、下記にお願いします。

PHS 070-5551-8007

ファックス 03-5615-2318 へ

 

お申し込みの際には、下記をお願いします。

お申し込みのレッスンの日程

お名前

アレクサンダーテクニークのどのようなところにご興味をお持ちで、どんなことに使ってごらんになりたいか?

ご住所

当日のご連絡先お電話番号

 

キャンセルポリシー

キャンセルの場合は、開催日の10日より前まではキャンセル料は無料です。

10~4日前までは受講料の50%を申し受けます。

3日前からは受講料の100%を申し受けます。

ご返金がある場合も、銀行振り込み手数料も申し受けますので、よろしくお願い致します。

日程変更は、キャンセル&再お申し込みとして取り扱います。

なお、 万一主催者側の都合によりキャンセルさせていただくときにはお振込みいただいた受講料は全額をお返しします。