ピアノ愛好家の方からのフィードバック

先日のレッスンでの境界を強くするワークはおもしろかったです。

 

その前に視覚野について、
あがりを和らげるためのひとつとして興味を惹くようなものを見つけるように見る、この見るということのおもしろさをことさら実感しました。

 

ピアノを弾くことは自身のからだに意識を向け、自身の表現をかなえるためにあれこれとからだと対話するわけですが、誤解のうえにはそれは成り立たないわけで、本当の自分(からだ)はどうなっているの?についてアレクサンダーテクニークのワークはまずそのことに気付く、そしてそこから対話を進めて行くための技術だと思っています。

 

自分自身、脱力や支え、については本当に少しずつ自覚するに至って来たわけですが、それでもなお「誤解」の部分があり、そのことについてアレクサンダーテクニークのレッスンを受講することにより、また気付きを深めて行くことが出来ると感じています。

 

そして、境界を強めるワーク、皮膚皮膚、をしなくても、満員電車の中では出来ませんので、そのことにそこに(皮膚)、意識を集中することと、視覚野に世の中を写す(笑)ことで全く自分自身の世界は揺るぎのないものになります
おもしろいです

このことは仕事中にも試していて動じない図々しい自分(笑)がいてすると物言いも変化する自分が恐いです(笑
仕事よりもより思い入れの強いピアノのことになると少し揺らぎがありますが以前よりもだいぶ楽にはなった分次の課題も見えて来ました。。。

自分自身の中のエモーショナルな部分とそれを表現するための冷静さの共存です
感情が入って来た時にそのエネルギーをどこに持って行くのか、どう放つのか、です

このことは、さぐりさぐり意識しながら弾いているつもりですがこのことを考えるのもおもしろいです

感情を表現する冷静さ、相反するようですが、相反するという考え方が間違いなのではないかと思っています

自分が発した音を聴き瞬時に次の音へと繋ぐことによって、発した音を聴き次の音を判断する、という感覚があれば、表現するのは音なので、その音を聴くことは冷静さであり、発する音は感情を表現しようとする音。。。

この聴くということがカギかなと思っています

けれど、このことに集中する自分がなければこれはかなわないわけで、するとやはり境界を強くするワークがおもしろいのです
これは日々実践して行けるワークでもあるので今も実践中です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です