トランペット奏者とのアレクサンダ-テクニークのレッスン-2018年3月22日

トランペットの演奏2018年3月22日(木)に札幌で、初回のトランペット奏者の方とレッスンしました。

 

通常はアレクサンダーテクニークの伝統的なプロシージャーを行ってから、演奏のアクティビティに入ることが多いのですが、この方とは、演奏のアクティビティから入りました。

 

プロシージャーについては用語集のプロシージャーをご確認くださいませ。

 

 

  • 楽器を軽く構える方法、しかも息が入りやすくなる
  • 呼吸の支えを強くできる意外な方法2つ(呼吸と視界)
  • 高い音の出し方

 

 

楽器を軽く構える方法、しかも息が入りやすくなる

コラム『管楽器奏者の楽器が重いという課題と、呼吸がしにくい、息が吸いにくいという課題を一挙に解決する』にまとめていますので、まずそちらをご参照ください。

その上で、トランペットに特徴的なことは、

  • 演奏中にベルが胴体から離れて前方に行く。
  • 演奏中に両腕が身体から離れて前方に行く。

 

楽器にも腕にも重さがありますので、胴体からの距離が離れるほど、腕や胴体にかかる負担は増えます。

 

そして、このときに前方の重さとバランスを取るために、背中側を押し下げやすい=胴体を反りやすくなりますが、それでは、

  • 背中側の筋肉、特に広背筋が緊張して、二の腕を下ろそうとするので、楽器を重く感じる。腕が疲れる
  • 息を吸うときに背中側が膨らまなくなるので、息を吸いにくくなる。

 

全身を伸びやかに、背中側を押し下げないことが大事になります。

 

呼吸の支えを強くできる意外な方法2つ(呼吸と視界)

なぜかお腹に息を入れようとして、よかれと思って、息を吸うときにお腹を過剰に膨らまそうとする人がいます。

しかし、それでは、息がじゅうぶんに肺に入ることはありません。

 

また良かれと思って、重心を過剰に押し下げようとする方も多いです。そして全身の筋肉が硬直して、演奏しにくくなる方も多いです。

 

肺が膨らむのは、一生懸命息を吸い込んだ結果肺が膨らむのではありません。

肺が膨らんだ結果、息が入ります。そして、それができないのは、背中側を押し下げているからです。

 

 

腹式呼吸は、欧米でも管楽器奏者の呼吸として用いられますが、欧米の信頼できる管楽器の先生たちは、背中側の腎臓あがりに息が入ると教えることが多いです。

お腹を膨らまそうとするのは、出発点が誤っています。

 

また、重心は、適度な視界の広さになると、自然におります。詳細を書くと煩雑になるので、省略します。

 

高い音の出し方

口腔の形や甲状軟骨(のどぼとけ)の角度を自由に変えることによって、高い音をガスことができるようになります。

そのためには、自律神経系が演奏に適度な状態になることが必要です。

 

詳細は煩雑になりますので、今回は省略します。

 

腕に方向を与えると楽器を楽に支えられる

 

トランペットを構えるのを楽にするディレクション(腕のみ))

トランペットを構えるのを楽にするディレクション(腕のみ)

頭や全身の高校の方が大事なのですが、それはあちこちのページにすでに書いていますので、省略します。

 

特に楽器を構えるときに、右図の方向を思います。

  • 二の腕を外へ
  • 親指の3つの伸筋(長母指伸筋・短母指伸筋・長母指外転勤の起始から停止までの方向)

 

演奏中の腕や親指にかかる負担を減らすことができます。もちろんメインの頭・胴体・脚の方向が働いている場合に限ります。

 

 

生徒さんのご感想

「受講するまで、アレクサンダーテクニークは演奏に役立つものだとは思っていたのですが、あらゆることに役立つことが分かりました。
難曲がスタミナ切れせずに最後まで、伸びやかに演奏できそうです」とおっしゃいました。

 

 

お悩みや課題のある管楽器奏者の方は、下記のリンク先をご参照ください。

息が吸いにくい、楽器が重い、首・肩・二の腕・肘・腰に違和感がある、「からだ」がねじれる感じがあるなどの課題をお持ちの管楽器奏者の方に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です