アレクサンダーテクニークを整体の先生や鍼灸師の先生やコンディショニングの先生たちにさせていただくときに

整体や鍼灸師やコンディショニングの先生にはアレクサンダーテクニークのレッスンでモデル役を連れていらして欲しい

リフレクソロジストとアレクサンダーテクニークのレッスン
リフレクソロジストとアレクサンダーテクニークのレッスン

最近(ここ数年)、整体の先生や鍼灸師の先生やコンディショニングの先生たちとアレクサンダーテクニークのレッスンをさせていただくことがあります。

彼らが施術をするときに、アレクサンダーテクニークを使って質を向上させるためのレッスンを致します。

そういう場合、私はなるべくモデル役の方に-つまり、彼らの施術を受ける人に-いらしていただけるようにお願いすることが多いです。

アレクサンダーテクニークのレッスンで施術のアクティビティを改善する場合のモデル役に求められること

モデルはだれでもできるわけではありません。次のような条件を満たしている方たちがふさわしいのです。

  1. レッスンを受ける生徒さんとモデルさんとのあいだに信頼関係がある
  2. 率直にお互いにフィードバックし合える関係である
  3. よくセッションに関して理解している人。できれば同業者。そうではなくても、今までもモデル役として受けている人が望ましい。理解していない人だと、やり方を変えなくても、変えても「気持ちよい」としかおっしゃらないため。

そしてそのようなモデルさんがいらしたら、自主練する手がかりが得られます。

よく整体の先生や鍼灸師の先生やコンディショニングの先生たちが驚かれることがあります。

アレクサンダーテクニークのレッスンで整体の先生や鍼灸の先生やコンディショナーが驚かれること

それは、モデルさんに触れてみて例えば「肩が硬くなっている」と思っていたのに、ご自分自身に対する注意の向け方や周囲の空間やモデルさん注意の向け方を変えた途端(アレクサンダーテクニークでいうところの”注意の統一場”あるいは”意識の統一場”を意図した途端)、近づいて触れるだけで、モデルさんの肩が柔かくなっているということです。

「ええ! うそ~」とおっしゃる方もいます。

これって誰かに触れるときだけではなくて、ご自分に触れていただくときも同じことが起こります。

鍼灸の先生や整体の先生やコンディショナーとのアレクサンダーテクニークのレッスンでかわかみが気をつけていること

セッションのあいだに私が言葉と手を使って、アレクサンダーテクニークのレッスンをご受講される先生方に気をつけていただくことがございます。

それは生徒さんである整体の先生や鍼灸師の先生やコンディショニングの先生たちが、ご自分自身の首や肩まわりや股関節周辺を詰めず自由になることです。

そのためにアレクサンダーテクニークを使って、全身に”力の通り道”を開きます。

私は個人的に”アレクサンダーテクニークの導力アスペクト”と呼んでいますが(私の造語ですが)、どこかを詰めたら、力の通り道に滞りが生じ、それがモデルさんたちの”構え”につながります。

そのようなことが起こると、モデルさんの触れられているところや全身は硬くなります。

そして、もう1つ注目する必要があるのは、モデルさんの方に向かう力だけではなくて、モデルさんから戻ってくる反作用の力です。この力も瞬時に全身に分散できないと、ご自分の「からだ」を傷めます

よくある誤解は、アレクサンダーテクニークを使って、整体やコンディショニングのセッションをされると、「深く押せない」「強く押せない」というものです。

完全に誤解です。意図の力を使って、モデルさんに深く、あるいは強く力を加えることは容易にできます。

しかし、それを高度な技術を高めるのは、きちんとフィードバックしてくれるモデルさんが必要になります。もちろんアレクサンダーテクニークのレッスンの時間内で終るものではありません。

自主練も必要です。そしてそのためにもモデル役の方が必要になるのです。

アレクサンダーテクニークの学校のメルマガ

アレクサンダーテクニークの学校のメルマガ登録

アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのレッスン
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細