ヴァイオリン奏者-高野睦さんかわかみさんに約8年間定期的にレッスンしていただいています。

現在は8年前に比べるとずいぶんと楽にヴァイオリンを演奏することができるようになりました。

 

一見演奏に関係ないような動きのワークをした後にヴァイオリンを弾いてみると、音に深みが出たり、パワ
フルに演奏できたりします。

 

また技術的に上手くいかないところを相談して、いろいろ有益なアドヴァイスをいただいています。

 

レッスンの時にたびたび新しい発見があるので、それはとても嬉しいものです。

また自分ひとりで練習しているときに新しく分かったことを、かわかみさんにお話しすることで、またさらに発展させることができます。

 

今後もさらに楽に、たのしく弾けるようになっていけたらうれしいと思っています。

 

プロフィール

ウィーン市立音楽院ヴァイオリン科卒業。その後ウィーン国立音楽大学でフランツ・サモヒル教授に師事。

またウィーン市立音楽院の室内楽科に4年間在籍し、アルテンベルク・トリオ指導のもと、室内楽を専門的に学ぶ。

現在は東京を中心に演奏活動を行う