ATI

The Alexander Technique Internaional アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル、国際アレクサンダーテクニーク協会の略称。アレクサンダーテクニークの研究と教育と普及と、アレクサンダーテクニークにかかわる人たちの相互交流を目的に設立された。

アレクサンダーテクニーク・インターナショナルの発足

アレクサンダーテクニークの発見者F.M.アレクサンダーから教師になるための直接訓練を受けたフランク・ピアース・ジョーンズの弟子のトミー・トンプソンと、同じくF.M.アレクサンダーから教師になるための訓練を直接受けたマージョリー・バーストウの弟子のブルース・ファートマンの呼びかけで創始された。

アレクサンダーテクニーク・インターナショナルの構成メンバー

次の3つのカテゴリーに属す人たちで組織されている協会。

  1. アレクサンダーテクニークの教師(教師メンバー)
  2. アレクサンダーテクニークの教師になるための訓練を受けている人(訓練生メンバー)
  3. アレクサンダーテクニークを学ぶ一般の生徒(一般メンバー)

近年STATやその提携団体から認定を受けた教師も多く参加している。

教師メンバーには、ATIから認定された教師と、STATやSTATの提携団体から認定された教師がATI事務局に申し込みをし、所定の年会費を納めるとなることができる。

訓練生メンバーや一般メンバーは、ATI事務局に申し込みをし、所定の年会費を納めるとなることができる。

アレクサンダーテクニーク・インターナショナルの組織

理事会(board)と複数の委員会。

年次総会(AGM)

1年に1度年次総会(AGM)が開催され、重要事項が決定されている。

団体の意思決定方式

初回の大会で、シニア・ティーチャーズ※(上級教師たち)と教師たちとのあいだで、運営を巡って鋭い対立が起こり、その反省に立って、ロバート・ルールではなない、フォーマル・コンセンサスという意思決定方式を採用した(正確にはフォーマル・コンセンサスのほかに形式的にロバート・ルールも併用していたが、2018年の京都で開催された年次総会以降は、フォーマル・コンセンサスで一本化した)。

※ シニア・ティ-チャー:現在のATIではこの呼称を用いない。

アレクサンダーテクニーク教師の認定

アレクサンダーテクニークの教師養成コースを修了した者または終了見込みの者が、スポンサリング・メンバーの前でアセスメントを受ける。

3人分のスポンサリング・メンバーの推薦状を得たら、ATIの事務局に送付すると、ATIからアレクサンダーテクニーク教師として認定される。

アセスメント

アレクサンダーテクニーク教師になろうとする者が、スポンサリングメンバーから受ける。実質的には試験。

構成要素は次の2つ。

  1. アレクサンダーテクニークに関する質疑応答
  2. 2人の生徒さんをスポンサリング・メンバーの前でレッスン

スポンサリング・メンバー

教師メンバーから経験豊富なものが年次総会(AGM)で選出される。

外部リンク

ATIのホームページ

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細