ATI

The Alexander Technique Internaional アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル、国際アレクサンダー・テクニーク協会の略称。

 

フランク・ピアース・ジョーンズの弟子のトミー・トンプソンと、マージョリー・バーストウの弟子のブルース・ファートマンの呼びかけで創始された。

 

アレクサンダー・テクニークの教師と訓練生とアレクサンダー・テクニークを学ぶ一般の人で組織される協会。

 

近年STATやその提携団体から認定を受けた教師も多く参加している。

 

組織

理事会(board)と委員会。そして年次総会(AGM)

団体の意思決定方式

初回の大会で、シニア・ティーチャーズ※(上級教師たち)と教師たちとのあいだで、運営を巡って鋭い対立が起こり、その反省に立って、ロバート・ルールではなない、フォーマル・コンセンサスという意思決定方式を採用した(正確にはフォーマル・コンセンサスのほかに形式的にロバート・ルールも併用していたが、2018年の京都で開催された年次総会以降は、フォーマル・コンセンサスで一本化した)。

※ シニア・ティ-チャー:現在のATIではこの呼称を用いない。

 

外部リンク

ATIのホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です