意識の統一場

”unified field of attention”の片桐ユズルさんによる訳語。

自己にだけ注意を払うのではなく、周囲の環境や周囲の人にも注意を払いながら、自己にも注意を向けること。

アレクサンダーテクニークで言うところの「自己」とは、こころ も からだ も含む概念。

アレクサンダ-テクニークの第1世代の教師で、タフツ大学心理学部教授だった、フランク・ピアース・ジョーンズフランク・ピアース・ジョーンズがアレクサンダーテクニークに持ち込んだ概念。フランク・ピアースがどのようにしてその概念を思いついたのか、あるいはよそから持ってきた概念なのかは謎である。

しかし自己に注意を払うあまり、注意が内向きになりすぎる生徒さんに注意を促すためであったろうと、ウィリアム・コナブル博士は2017年に語った。

『アレクサンダー・テクニークの学び方』も合わせて参照した。

 

身体感覚あるいは身体意識の乏しい現代人は、私たちの自身(の「からだ」)に注意を向けようとすると、目をつぶったり、伏し目になったりしがちである。しかし、そのようになると、「からだ」の全身を貫くつながりは失われ、は上下で分離し、非常に弱っちくなる。

 

近年、脳のなかの重要なネットワークが発見され、そのなかのひとつのセイレンス・ネットワーク(顕著性のネットワーク)は、外界の変化と並んで、自己の身体や内面の変化を検出することが分かってきた。

そしてこのネットワークが、セントラル・エグゼクティブ・ネットワークとデフォルトモード・ネットワークを切り替えたり、繋いだりする役割を担っていることが分かった。

フランク・ピアース・ジョーンズの発見したこの概念は、近年の脳科学上の発見を先取りしていたと言える。

 

内部リンク

目に現れる意識の大きさ—意識の統一場との関連

自己を観察するときに陥りがちな罠について書きました。詳細はこちらに。

 

コラム 図解で明快!? アレクサンダー・テクニークの原理あるいはアレクサンダー・テクニークの注意の質-インスピレーションと繋がる方法

詳細はこちらに。