思うように演技できない俳優の方たち

思うような演技のできない俳優たち思うように演技できない俳優の方たちに、アレクサンダーテクニークをお薦めします。

アレクサンダーテクニークは、もともと俳優であったF.M.アレクサンダー師(1869-1955)が編み出したメソードのため、俳優の方たちの発声や活動の際の「からだ」の使い方の基礎訓練として役立ちます。

 

イギリスのRADA王立演劇院)やLAMDAロンドン音楽演劇アカデミー)やギルドホール音楽演劇院セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマセントラル演劇学校)や国立劇場王立シェイクスピア・カンパニーでカリキュラムとして採用されています。

また、アメリカ合衆国では、ジュリアード演劇院ニューヨーク大学アクターズ・スタジオアメリカン演劇アカデミーをはじめとして、ほとんどすべての俳優養成所では、アレクサンダーテクニークは必須のカリキュラムとして採用されています。

以前花王のホームページに、女優の菅野美穂さんが4週間お休みをいただいて、アメリカの俳優養成所でアレクサンダーテクニークのレッスンを受けたことが掲載されていました。

抜粋「4週間お休みをいただいて、アメリカのとある俳優養成所に行った。私はそこでアレクサンダーテクニークなるものに出会った。先生のレッスンを受けると、私の手や足は伸び、からだがとても楽になるのだ。日本でもこのレッスンは受けられるだろうか? ぜひ続けたいものだ」

 >>レッスンのスケジュールはこちらへ

講師プロフィール

new-profile-smallアレクサンダーテクニークを教え始めて、10年の実績があります。

パフォーマーを中心にアレクサンダーテクニークを指導し、多くの方たちの「からだ」の違和感や痛みの解消や、表現力の向上をサポートして参りました。

2011年下期に日本大学芸術学部演劇学科(いわゆる日芸で、非常勤講師を務め、俳優たちやダンサーたちに指導しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細