アレクサンダーテクニークは、こんな方たちに役立ちます

 

アレクサンダーテクニークボディマッピングは、次のような方たちに役立ちます。

あがり症の方、緊張しやすい方に

舞台の本番や大事な場面で、緊張したり、あがったりして(あがり症の症状が出て)実力が発揮できない方

>>続きはこちらに

首こり・肩こり・腰痛のある方に

常に痛みやこりや違和感があるのはお辛いですね。

アレクサンダーテクニークの腰痛などの背中側の痛みに対するエビデンスは、ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルにも記載されました。

>>続きはこちらに

先生のご指示が分からない方

困ったなー 分からない習い事や芸事やスポーツの先生の指示が分からない方に役立ちます。

また先生のおっしゃるとおりにやっているのに、「違う」と言われ、どうしたらよいのか分からない方に役立ちます。

>>続きはこちらに

習い事や芸事やスポーツで、観察力・見て学ぶ能力を高めたい方に

ミラーミューロンのおかげで、私たちには見て学ぶ能力があるはずですが、うまくいかないこともあります。

それはなぜでしょう? 実は「からだ」の使い方が影響しています。

>>続きはこちらに

 

 

ピアノ奏者の方たちに

オクターブ和音が弾きにくい
トリルやトレモロが演奏しにくい
跳躍が苦手な
スケールが苦手
大きな音が割れる
小さな音が入りにくい

>>続きはこちらに

管楽器奏者の方に

息が吸いにくい
楽器が重い
首・肩・二の腕・肘・腰に違和感がある
「からだ」がねじれる感じがある

>>続きはこちらに

弦楽器奏者の方に

ビブラートがかかりにくい

上げ弓と下げ弓の切り替えがスムースに行かない

音がこすれる

ボーイングがうまくいかない

指で弦をうまく押さえられない

>>続きはこちらに

撥弦楽器奏者の方に

弦を押さえるのが苦手。

弦を押さえると指が痛い

左の肩や腕に負担がかかる

右腕がつらい

>>続きはこちらに

打楽器奏者の方

>>続きはこちらに

邦楽奏者の方に

音が”軽く”なりすぎる

音を重くすることはできるが、「からだ」がとても力んでしまう

 

>>続きはこちらに

声が出しにくい声楽家の方や歌う方たちに

高い声が出にくい

低い声を支えられない

声が響かない

>>続きはこちらに

フォーカルジストニアの方やその疑いのある方に

特に演奏中度に、意思に反して指が巻き込んだり、跳ね上がったり、唇が開いたり(管楽器)、顎が開いたりという症状のある方

 

>>続きはこちらに

ダンサーに

踊っているときや踊った後に違和感・痛み・ひどい疲れがある

基本姿勢や基本のステップをするのが疲れる

パートナーがいる踊りで、相手に意図が通じにくい。合わせにくい。

>>続きはこちらに

アスリートの方に

練習でいつも「からだ」が疲れている

伸び悩んでいる、または才能に限界を感じる

ここぞという大事な場面で実力を発揮できない。

>>続きはこちらに

引退後に生きている実感がわかないアスリートの方たちに

 

 

 

>>続きはこちらに

俳優さんたちに

存在感がない

声が通りにくい

>>続きはこちらに

アロマセラピスト、リフレクソロジスト、タイマッサージセラピストなどの方たちに

クライアントさんに重さを伝えるのが苦手

指や腕が痛くなる

>>続きはこちらに

リハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の方に

中腰姿勢がつらい

クライアントさんに意図が伝わりにくい

お仕事のときやお仕事の後に、身体に違和感・痛み・ひどい疲れがある

>>続きはこちらに

カウンセリングのときに消耗しやすい心理士・カウンセラーの方に

 

 

>>続きはこちらに

保育士さんや小さいお子さんを子育て注の方

お子さんたちと目線を合わせるためにしゃがんだり、中腰姿勢になるのがたいへん

>>続きはこちらに

妊娠中で、「からだ」が重い方

赤ちゃんがお腹の中にいると、「からだ」の前方が重くなり、バランスを取りために、腰を突き出し、背中が押し下げがちです。

しかし、そのようにすると、腰や股関節や背中や首や肩が力みやすくなり、「からだ」の動きが重くなります。

>>続きはこちらに

ハイヒールを履くと足が痛くなる方に

ハイヒールを履くと、靴の中で足がすべって、指先や足が痛くなる方が存外多くいらっしゃいます。

 

>>続きはこちらに

人前でお話しするときに、声が小さすぎて聞こえないと言われる方に

>>続きはこちらに

長時間のパソコン作業で、目や首や肩や腰が疲れる方

>>続きはこちらに

重い鞄(かばん)を持って歩くのを楽にされたい方に

カバンが重い原因の半分は、カバンの重さでないとしたら、いかがでしょうか?

>>続きはこちらに

階段を登ったり降りたりすることを楽にされたい方に

>>続きはこちらに