あがり症、大事な場面で緊張

アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこが指摘する補正下着の害あがり症、大事な場面で緊張

アレクサンダーテクニークの生徒さんたちからの証言で気づいた、舞台芸術家の女性が補正下着によって、舞台本番で緊張したりあがったりする可能性について

アレクサンダーテクニークの生徒さんとお話ししていて分かったこと 以前から、話題が話題だけに、アレクサンダーテクニークのレッスンの生徒さんたちから話題を振られたときのみお話を伺ってきたのですが、舞台芸術家(演奏家)の女性の...

あがったり緊張しやすい音楽家・ダンサーの方たちに役立つアレクサンダーテクニークあがり症、大事な場面で緊張

アレクサンダーテクニーク教師が考案した、あがり症の前駆症状が出ているのか確認する方法

アレクサンダーテクニークのレッスンで、あがり症解消のための日常的に行う手順と当日の手順を教える 私はアレクサンダー・テクニークのレッスンで、あがり症を防ぐために 日常的に行う手順 当日行う手順 をお伝えしています。これら...

アレクサンダーテクニークのレッスンで、境界としの皮膚を強化するあがり症、大事な場面で緊張

あがり症やトラウマの症状-境界としての皮膚が弱くなるのはどんなときか? どんなダメージがあるのか? どうやって解決できるのか?

舞台の本番で過度に緊張したり、あがり症になったり 職場のプレゼンテーションであがり症になったり、 自己紹介であがったり、 などのステージフライトになりやすい方は、外界と私たち自身とのあいだの境界があいまいであることについ...

あがり症、大事な場面で緊張

アレクサンダーテクニーク教師の考察-ステージ・フライトになりやすい人、緊張しやすい人、あがりやすい人、あがり症の方は、外界との境界である皮膚があいまい

公開日:2015年5月17日 大事な場面でのあがり症や緊張と皮膚の意外な関係-アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこの教えてきた経験から 意外な話かもしれませんが、舞台の本番で、過剰に緊張することの多い方や、あがり...

あがったり緊張しやすい音楽家・ダンサーの方たちに役立つアレクサンダーテクニークあがり症、大事な場面で緊張

アレクサンダーテクニーク教師が考察する、ステージ本番でのあがり症、過度な緊張とはなにか—多重迷走神経理論(ポリヴェーガル理論)の視点から

更新日 2019年9月4日 アレクサンダー・テクニークを人に教えるというお仕事がら、演奏や演劇やダンスの本番で、あがったり(あがり症になったり)、過度な緊張をしたりということについて、どのようにしたら解決できるのかという...