スポーツ現役引退後に、生きている実感が湧かない方

スポーツ引退後に生きている実感がないプロやアマチュアを問いませんが、それまでスポーツをやっていた方たちが現役を退いた後に、生きている実感が湧かずにその実感を求めて、危険行動を起こしたり、危険状況に身を投じてしまうことがあります。 

例えば

  • 猛スピード自動車運転する
  • 麻薬覚醒剤に手を染める
  • 後進青少年指導するときに、異常厳しくなる

 

それまでの競技生活で、アドレナリンノルアドレナリンなどの激しいスポーツのために必要な神経伝達物質が(脳と小腸から)大量に分泌されており、そして、そのことにすっかり慣れていました。

ところが、現役を退くと、そのように神経伝達物質が分泌されることがなくなります。そして、その結果、生きている実感が湧かないのです。

そのような方にも、刺激に対する反応を変えていくことが骨子のアレクアンダーテクニークは役立ちます。

レッスンを通じて、少しずつ新しい、大量に神経伝達物質が分泌されない状況(長い引退後の人生)への繊細さを取り戻してゆきましょう。

レッスン

講師かわかみ ひろひこ プロフィール

new-profile-smallアレクサンダーテクニークを教え始めて、10年の実績があります。   あまり大人数ではありませんが、アマチュアのスポーツ選手たちにレッスンしています。   またプロやオリンピックの選手たちに指導しているトレーナーやコンディショナーたちにも指導しています(プライバシーの問題があるので、お名前は明らかにできないのが残念です)。   2007年から2008年にかけて、日本ミルトン・エリクソンと異名をとった催眠療法の権威 吉本武史先生(臨床心理士)から、催眠療法を学びました。お世辞かも知れませんが、「かわかみさんのワークにはとても中立的で、好ましい」とお褒めいただきました。先生は震災前に亡くなられ、先生からもう新たに学ぶことができないのがとても残念です。   2012年から、トラウマ解消画期的効果がある心理療法として知られる、ソマティック・エクスペリエンスSomatic Experiencing)のプラクティショナー・トレーニングを受け始め、初級を修了しました。

レッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
かわかみ ひろひこアレクサンダーテクニークの学校 代表
第3世代のアレクサンダーテクニーク教師。2003年より教えている。 依頼人である生徒さんへの共感力、課題改善のための活動の動きや言葉に対する観察力と分析力、適確な指示、丁寧なレッスンで定評がある。
『実力が120%発揮できる!ピアノがうまくなる からだ作りワークブック』、『実力が120%発揮できる!緊張しない からだ作りワークブック』(ともにヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の著者。
アレクサンダーテクニーク教師かわかみひろひこのプロフィールの詳細