Walter Carrington(1915 -2005)は、F.M.アレクサンダーによって訓練された第1世代のアレクサンダー・テクニークの教師。F.M.のアシスタントを務めた。

生涯

第2回教師養成コースに参加。トレーニング中に第2次世界大戦が勃発し、トレーニングは中断する。

 

第二次世界大戦にイギリス軍人として従軍。戦闘機のパイロットとしてドイツ軍の戦闘機と空中戦を行い、撃墜される。その時の負傷により、両股関節に生涯人工関節を入れる。

 

戦後再開した教師養成トレーニングに復帰し、アレクサンダー・テクニークの教師になる。

 

最後までF.M.アレクサンダーと良好な関係を保ち、アシスタントを務める。

F.M.は教師の協会を作ることに消極的だったが、カリントンはF.M.との良好な関係を重視して、教師の協会を作ることに積極的だったパトリック・マクドナルドに協力しなかった。そのため、かつて仲良しだったカリントンとマクドナルドは不仲になる(マージョリー・バーロウ著”An examined life”を参照した)。

 

温厚な性格であったと言われる。

その一方で、F.M.の一般の生徒であったモーシェ・フェルデンクライス博士が本を出版した折に、F.M.の発言と似た記述に付箋を挟んで、F.M.のオフィスの机に置いておくなど、激しい面もあった(フェルデンクライス博士はフェルデンクライス・メソードの創始者として知られている)。

カリントンはまったく別のストーリーをアレクサンダーテクニークの専門誌”Direction Journal”で語ったが、”Direction Journal”の記者とカリントンの距離は遠いのに比べ、上記のエピソードは、筆者が2004年に、カリントンの親しい生徒だったマイケル・フレデリックから直接聞いた話であるため、信ぴょう性が高い。

 

F.M.アレクサンダーの死後、アーシュレイ・プレイスを受け継ぐ(後に手放す)。多数の教師を育て(彼の系統は、アレクサンダー・テクニークの伝統派の2大潮流で、カリントン系とよばれている)、階段から転落して亡くなるまでの期間を除き、死の直前まで教え続けた。

著書多数。

 

レッスンのスタイル

アレクサンダー・テクニークの伝統的なプロシージャー(手順)を中心に教えた。

レッスンの中で、生徒さんのお話をよく聞き、おしゃべりをして、生徒さんと良好な関係を築きつつ、レッスンを行った。そのため、生徒なかにはカリントンとすごく個人的に親しいと誤解する者もいた。

カール・ロジャースパースン・センタード・アプローチを先取りするワークを行う。