MC900023543思うように演技できない俳優の方たちに、アレクサンダーテクニークをお薦めします。

アレクサンダーテクニークは、もともと俳優であったF.M.アレクサンダー師(1869-1955)が編み出したメソードのため、俳優の方たちの発声や活動の際の「からだ」の使い方の基礎訓練として役立ちます。

 

イギリスのRADA王立演劇院)やLAMDAロンドン音楽演劇アカデミー)やギルドホール音楽演劇院セントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマセントラル演劇学校)や国立劇場王立シェイクスピア・カンパニーでカリキュラムとして採用されています。

また、アメリカ合衆国では、ジュリアード演劇院ニューヨーク大学アクターズ・スタジオアメリカン演劇アカデミーをはじめとして、ほとんどすべての俳優養成所では、アレクサンダーテクニークは必須のカリキュラムとして採用されています。

以前花王のホームページに、女優の菅野美穂さんが4週間お休みをいただいて、アメリカの俳優養成所でアレクサンダーテクニークのレッスンを受けたことが掲載されていました。

抜粋「4週間お休みをいただいて、アメリカのとある俳優養成所に行った。私はそこでアレクサンダーテクニークなるものに出会った。先生のレッスンを受けると、私の手や足は伸び、からだがとても楽になるのだ。日本でもこのレッスンは受けられるだろうか? ぜひ続けたいものだ」

 >>レッスンのスケジュールはこちらへ

講師プロフィール

new-profile-smallアレクサンダーテクニークを教え始めて、10年の実績があります。

パフォーマーを中心にアレクサンダーテクニークを指導し、多くの方たちの「からだ」の違和感や痛みの解消や、表現力の向上をサポートして参りました。

2011年下期に日本大学芸術学部演劇学科(いわゆる日芸で、非常勤講師を務め、俳優たちやダンサーたちに指導しました。