『実力が120%発揮できるピアノがうまくなる からだ作りワークブック』(ヤマハミュージックメディア)が本日発売されました。

 

ピアノ奏者向けに書いた本ですが、自称”世界一分かりやすい”アレクサンダーテクニークのワークブックです。

 

160ページほどの本に写真とイラストを合わせて、160点使われています。同じイラストや写真はダブルカウントしていません。
 

解剖図を載せたところには、必ずワークを入れています。お読みになった方に「なんでこの図解を載せたのだろう?」という疑問が湧かないようにしました。
 

ぜひ多くの方に読んでいただきたいです。

 

さっそくいくつかの書店様と楽器店様にお礼参りに出かけました。

 

 

そして、特設サイト作りました。こちらへ。