“アレクサンダー・テクニークは、自分自身の使い方(use of the self)の再教育(re-education)である。 そしてその根幹は刺激(stimulus)に対する反応(response or reaction)を変えることである。あるいはその空間・その状況に応じて反応できることである。

 

さらに言い換えると、次に行うの活動のやり方を適切に選択できるようになることである。 そこから次の7つの原理が導き出される。

 

ただし、これから取り上げる「7つの原理」はあくまでも一例に過ぎない。さまざまなアレクサンダー教師が、さまざまな「7つの原理」を出版物やホームページに掲載している。

 

PSYCHO-PHYSICAL UNITY 「こころ」と「からだ」の結びつき

 

FAULTY SENSORY APPRECIATION 当てにならない感覚的評価

 

PRIMARY CONTROL プライマリー・コントロール

 

MEANS-WHEREBY (as opposed to END-GAINING) ミーンズ・ウェアバイ

 

OBSERVE HABITUAL REACTIONS & MOVEMENTS

 

INHIBITION インヒビション

 

CONSTRUCTIVE CONSCIOUS CONTROL 建設的意識的コントロール

 

リンク

アレクサンダーテクニークの7つの原理の具体的な内容については。

こちらも参照ください。解説写真つきです。