更新日:2014年9月15日

アレクサンダー用語。

癖を防ぐために、自分自身の気づきと注意力を使って「からだ」に与える方向。

広義ではミーンズ・ウェアバイmeans wherebyを含む。

インヒビション->ディレクションというプロセスを経ると、自分自身の「からだ」を押し下げたり、押しつぶしたりする癖(生理学で言うところの拮抗筋同士の共収縮)を防ぐことができる。

その結果、伸びやかに活動できるようになり、「からだ」の違和感が減り、快適になる。

 

代表的なディレクションに、4つのディレクションがある。

 

4つのディレクション

全身に起こる主な押し下げ癖、言い換えると生理学的な拮抗筋同士の共収縮(同時収縮)を防ぐための具体的な内容である。

Allow the neck to be free, in such a way so that the head go forward and up, in such a way so that the back lengthen and widen, in such a way so that the knees go forward and away, all together, one after another.

首が自由になるのを許しましょう。

どんなふうにかというと頭が前に上に行くように、

(”頭が前に上に”とは)どんなふうにかというと、背中が長く広くなるように、

(”背中が長く広く”とは)どんなふうにかというと、両膝が前にそしてお互いに離れて行けるように。

すべてが同時に、そして順番に。

in such a way so that(それがどんなふうにかというと)を省略することもある。

ネック・ディレクション

Allow the neck to be free,

冒頭のallow とは、起こることを許すこと。本来そうなることが起こるままにという意味。

“the neck to be free”の意味について、パトリック・マクドナルドは、教師トレーニング・コース在籍中に、F.M.アレクサンダーに「環椎後頭関節を自由にという意味か」と尋ね、F.M.アレクサンダーは「そうだ」と答えた。※1

 

ヘッド・ディレクション

in such a way so that the head go forward and up

頭部(頭蓋骨・額骨・脳・眼球etc.)の重心が環椎後頭関節に向かって押し付ける癖を防ぐためのディレクションであると、ウォルター・カリントンのトレーニングしたドン・バートンが喝破した。

 

バック・ディレクション

in such a way so that the back lengthen and widen,

実際には背中-胴体の後ろ側だけではなく、胴体の正面も、側面も長く広く。
胴体全体が広がる。

ニーズ・ディレクション

in such a way so that the knees go forward and away

膝の方向について、”from hip joint”股関節から、”from ankle”足首から、”from the floor”床から を補うこともある。

 

 

※1 参考文献

<p class=”p1″>パトリック・マクドナルド著 “Alexander Technique as I see”</p>

<p class=”p1”>マージョリー・バーロウ著 ”An examined life”より</p>

 

リンク

アレクサンダーテクニークの7つの原理

こちらも参照ください。