TASKERF.M.アレクサンダーが教師養成コースを創設する前に、個人レッスンを受け続け、エセル・ウェブとともにアレクサンダーテクニークを教えることを許可された。

 

F.M.アレクサンダーが支援者たちの出資で始めたリトル・スクール(小学校と中学校を合わせた学校)の校長を務めた(この学校は第2次世界大戦中に休止し、その後再開されることはなかった)。

 

第1回教師養成コースが始まると、エセル・ウェブとともにクラスのアシスタントとして参加した。同じ頃F.M.が書き始めた”The Use of the Self”の執筆を助けた(マージョリー・バーストウによるセンターライン・エクスプレス版の”The Use of the Self”の序を参照した)。

 

リトル・スクールが閉じた後、南アフリカに渡り教え始める。1943年からは、レイモンド・ダート博士が継続的とその家族が継続的にレッスンを受けた(※1 レイモンド・ダート博士自身が書いた、An Anatomist’s Tribute to F.Matthias Alexander を参照した)。

 

彼女の後任は、ディック&エリザベス・ウォーカーが務めた