仙台 定禅寺通りの杜

仙台 定禅寺通りの杜

おはようございます。

2016年9月15日(木)に、久しぶりに、杜の都 仙台にてアレクサンダーテクニークの個人レッスンを行いました。

今回の来仙は、9月16日(金)に仙台で開催される日本音楽療法学会学術大会でスピーカーのひとりとして講座を行うのに合わせたもので、当初は仙台中央音楽センターにて、いつも通りグループレッスンと個人レッスンを行う予定でした。ところが、9月15日から翌月曜日まで、仙台中央音楽センター様の行事が入っており、今回はいったんはすべてのレッスンを断念しました。

 

ところが生徒さんたちからお問い合わせをいただき、急きょ会場を移してレッスンを行うことになりました。直前の告知だったのにも関わらず、6名の方たちが個人レッスンをご受講くださいました。

 

初回のフルートを演奏される方

プロのフルート奏者で演奏指導者の方

趣味でわれる方

趣味でバレエを始められた方

ボールルームダンスの競技選手の方おふたり

 

初回の方を除いて、私たち自身に余裕を与えるインヒビションの手順として、「ぬいぐるみさ~ん、ぬいぐるみさ~ん」を行いました。

うまくいかない方たちもいらっしゃいましたが、うまくいった方たちは演奏や踊りなどのアクティビティの自由度が向上し、とても驚かれた方たちが複数いらっしゃいました。

 

その他に印象的だったのは、喫茶店でボールルームダンスのプロの競技者の方たちと行った、人の注目を集めるための実験です。

見てもらわ得なければ加点の対象にならない競技なので、このようなことが必要になります。踊りの技術が優れていたら、必ずしも順位が上がるわけではないのです。大会によって、順位が乱高下する、背のあまり高くない方たちの場合は、注目を集めることに長けていないことがあります。

 

次回の仙台でのレッスンは来年の春に行います。