2018年3月23日(金)札幌にて、午前中にアレクサンダーテクニークのグループレッスン、午後に個人レッスン。

グループレッスン

グループレッスンは、歌も歌うピアニストの方と、ピアノ演奏も教える声楽家の方。共に大学の講師の方。

 

少人数なので、濃くレッスン。

 

デリケートな頭部の動き

首肩周りを自由にするための2つの動きと6つのディレクション。

ピアノトリルを弾きやすくするためにどのようなディレクションを与えたらよいか

声楽のウォーミングアップをどのように短時間で行うか

肩周りを楽にするムーブメント

しなりを使った奏法。弾いた後に二の腕がしなるのではなく、弾いている最中にしなる。

 

 

尺骨・橈骨のボディマッピング

尺骨・橈骨のボディマッピング

尺骨・橈骨のボディマッピングは、様々なことに役立ちますが、特にトリルが苦手な方や、トリルのときに違和感のある方には、即効性のある効果を発揮します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノ演奏ビフォー

ピアノ演奏ビフォー

ピアノ演奏-アフター

ピアノ演奏-アフター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビフォーは少し頭部を後方に引きすぎているため、首から背中側の筋肉が固くなります。それらの筋肉の一部は腕に向かうので、ピアノ演奏の際に腕にブレーキがかかります。

 

 

レッスン風景-ヘッド・ディレクション

レッスン風景-ヘッド・ディレクション

レッスン風景-バック・ディレクション

レッスン風景-バック・ディレクション

 

 

 

 

 

 

 

頭部の重心を頭蓋骨と背骨のあいだの関節(環椎後頭関節)から”前に上に”解放することによって、腕は自由な動きを取り戻します。

胴体の奥行きに適切に注意を向けると、胴体の背中側と側面と正面の筋肉が適度に解放され、股関節も解放されます。

 

しなりを使った奏法の二の腕の動きを指導。

しなりを使った奏法の二の腕の動きを指導。

しなりを使った演奏については、次のコラムををご参照ください。

 

コラム『ピアノのしなりを使った奏法』

 

打鍵の瞬間に、つまり指が鍵盤を押し下げるときに、指の動きに釣られて、二の腕の動きの向きが屈曲から伸展(前掲)に切り替わります。

 

それによって、指に加わる打鍵の際の物理的エネルギーが小さくなるのは、上記コラムの通りです。

 

このときに胴体から腕に向かう筋肉が緊張しすぎていたら、二の腕の動きの切り替えはうまく行きません。

 

 

自律神経の状態を声楽の演奏に適った状態へ

自律神経の状態を声楽の演奏に適った状態へ

二の腕の付け根を解放すると、声帯への圧迫が少なくなる。

二の腕の付け根を解放すると、声帯への圧迫が少なくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は。横たわって首や肩を解放するムーブメントを指導中の写真です。同じようなムーブメントはいろいろなメソードで行われているのでしょうが、少し余裕が与えて、方向を思ってから動かすことによって、非常に大きな効果が出ます。

横たわって首・形を解放するムーブメント

横たわって首・形を解放するムーブメント

実際の動きは、こちらのyoutube動画をご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

個人レッスン

午後の個人レッスンで、首こりと肩こりから、自由になる3つの動きと7つのディレクション。
別の生徒さんから、ご結婚のご報告をいただく。めでたい。

 

午後の個人レッスンも少なめだったが、ここ数ヶ月実家両親のことで、あまりレッスンをしてこなかったので、体力的にちょうどよい。

 

 

 

次回の札幌でのアレクサンダーテクニークのレッスンは、2018年7月5日(木)から7月8日()です。詳細はこちらに。