先ほど、ボールルームダンスのあるプロの競技者の男性の方と2回目のアレクサンダーテクニークの個人レッスン。

初回が終わって、パートナーと組んだときに、

「今までやっていたことができない」

と思ったけれど、パートナーはよく動いてくれる。

 

 

「自分で動いているの?」と尋ねたら、
「ううん。今までよりも指示が明確に伝わる」

というお返事があったそうです。

 

こういうことはよくあることです。

 

背中をつぶす立ち方を変えるだけで、ブレーキがかからなくなるので、動きやすくなるし、パートナーにも指示が伝わりやすくなる。

たぶん次回は池袋の練習場に出張することになりそうです。