バレエ団所属のバレエダンサーの方とアレクサンダーテクニークのレッスンをしました(東京)。

 

この前仙台でご受講されたプロのバレエ・ダンサーの方のご紹介です。

 

 

実はjはずっと以前にバレエ・ダンサーの方たちにアレクサンダーテクニークを宣伝していたことがありました。バレエダンサーの動きを研究して、どのような傾向があって、どのようにしたら、もっと自由に踊れるようになるのか、かなり準備しました。

 

そして、モニターを募集して、無料でレッスンをする代わりにご感想をいただくというお約束なのに、ご感想をいただけないとか。。。そういったことも経験しました。

 

そういうこともあったので、バレエ・ダンサーに売り込みをしようというのはすっかりやめて、もっとオープンなボールルームダンスやダンススポーツ、フラ、ベリィの方たちにレッスンはします。

けれど、バレエ団所属の方たちにレッスンするのは久ぶり。

 

レッスンをしてみて思ったのは、やはりアレクサンダーテクニークは、楽器と人たち以上にバレエとの相性がよいということです。

バレエ自体がとてもよくできていて、私の2番目のアレクサンダーテクニークの個人レッスンの先生の芳野香先生がおっしゃっていたように、

「バレエは”からだ”によい」

です。 

 

アレクサンダーテクニークを適切に使うと、プリエとルルベが一連の流れに収まるし、動きが軽くなるし。。。   そのわりには、プロのバレエダンサーの方がご受講されないのはなぜだろう? 私以外の人のところに行っているのかしら? 分かりません。