2018年4月14日(土)、アレクサンダーテクニーク福岡出張レッスン3日目。

 

オーボエの方とフルートの方とのレッスン

午前中にオーボエ奏者とフルート奏者のご夫婦に9ヶ月ぶりのレッスン。
前回からの発見をフォローアップしつつ、刺激に対する反応を変えるというアレクサンダーテクニークの基本をレッスン。
 
特に楽器を構えるときの前鋸筋のディレクションは有効。

また、楽器を演奏するときの楽譜の見方を工夫すると、楽譜を見ることで、視線が固定されることが減るということも行う。

視線が固定されると、支えが弱くなり、立っていることも、楽器に息を吹く混むことも難しくなります。


  
その後、もうおひとりにレッスンしました。個人的な内容なので、ここに書くのは控えます。

 

その後、習い事のために太宰府市に移動しました。少し雨が降ってきました。

 

 

 

次回の福岡でのレッスンは、2018712日(木)から715日(です。詳細はこちらに。