ヴァイオリン先日、ヴァイオリン奏者の方とアレクサンダー・テクニークのレッスンをしましたた。

その方とは、2008年の4月以来なので。ずいぶん長くなりました。

 

前々回のレッスンで、呼吸に関して、「管楽器奏者は音を出すときには、息を吐き続けるのですが、ヴァイオリン奏者の方たちはどうなんですかね?」と聞いてみました。

 

その後、いろいろと発見があったようです。
あくまでも彼女の場合は、ですが。。

 

 

演奏中にちょっとした失敗をするときには、余計なタイミングで息をとっている。また、以前のレッスンで指摘されたように、量的に息を吸い過ぎると、「からだ」がびっくりするという側面もある。

 

どういうときにそうなるのかというと、共演者が完全に息を止めているときや、曲の考え方が違うのか、思いもよらぬところで入ってくるときにそうなることもある

 

相手の演奏に引きずられることが意外に多かった。

 

相手に引きずられないのは、自分自身がこの曲はこういう曲だ。このように弾くのだということがはっきりしているときには、共演者の思いもよらぬ入り方にも、惑わされないし、合わせることもできる。

 

しかし、練習したからどのようにも弾けるというレベルで望んだ曲の場合は、相手に引きずられる。
この”どのようにも弾ける”は、曲に対して、このように弾くのだという確信があったうえでの”どのようにでも弾ける”ではなくて、それよりも段階的には前の檀家。

 

アレクサンダーテクニークのレッスンを受けてこられて、「からだ」のことに注意を向けるのか、音楽の方により向かうのか、今まで何度も悩んできて、その都度少しずつ乗り越えていらしたそうですが、今回はもしかしたら、完全に乗り越えることができるかもしれないとおっしゃいました。

 

 

音を出しているときに、息を吐くのは、管楽器の演奏だけではなく、ヴァイオリンやヴィオラなどの弦楽器の演奏にとっても、ミーンズ・ウェアバイ—活動に必要な手段なのかもしれません。音楽のリズムは呼吸のリズムなのでしょう。きっとそのように音楽はできている。
 

ミンーズ・ウェアバイについては、アレクサンダーテクニークの7つの原理をご参照ください。

 

演奏と呼吸については、6月15日(水)18時20分から、東京でグループレッスンをします。詳細はこちらへ。