3月25日(金)アレクサンダー・テクニーク札幌グループレッスン

3月25日(金)アレクサンダー・テクニーク札幌グループレッスン

おはようございます。

 

3月24日(木)から3月27日(日)のアレクサンダー・テクニーク札幌レッスン(第39回)を終え、本日未明に妻の待つ東京の自宅に帰り着きました。

今回は過去最多の方たちがご受講くださいました。やはりたくさんの方たちといっしょに発見したり学んだりできると嬉しいです。

 

夕方に到着した1日目の3月24日(木)は個人レッスン。おひとり目はレギュラーのマリンバ奏者の方。今月はたくさんの打楽器奏者の方たちとレッスンしました。マリンバの音、私は好きです。

今回は2レッスンご受講くださって、どのようにマリンバの演奏にアレクサンダー・テクニークを使うのか、より明確になったとおっしゃってました。

 

お二人目は医師で研究者の方。ダートの手順の寝返りの手順を一緒に行いました。肩こりがひどい方ですが、この手順はこの方にあっているようでした。

「皮膚のボディマッピング 皮膚、皮膚。。」は、向かない人もいます。

 

*

 

2日目の3月25日(金)は午前中にグループレッスン。10名の定員が集まりました。
レギュラーのピアノ奏者の方3人の他にピアノ奏者の方が今回新たに3人ご受講くださいました。

 

他にフルート奏者の方が1名。ゴスペルの歌い手さんで先生が1名、ご趣味でカンテレを演奏される方が1名、ヨガの先生が1名。

 

今回は舞台本番での”あがり症”や”過度な緊張”に関して、生理学的になにが起きているかということを多重迷走神経理論とこれまでの経験を参考にしながらかなり詳しくお話しました。

詳細については、こちらもご参照ください。

 

 

それにからめて冒頭は皮膚のボディマッピング「皮膚、皮膚。。。」を行ないました。かなり気をつけていたのですが、おひとり凍りついていたことがその後の個人レッスンで判明しました。注意が必要です

 

そして、右を向いたり左を向いたり、腕を持ち上げたり下ろしたり、上を向いたり下を向いたり、立ったり座ったり、歩いたりという日常でも行うことをビフォー&アフター アレクサンダーで経験していただいた後、それぞれの方が持っていらした課題(例えば演奏など)を行ないました。

 

植木屋さんごっこ傘を使った”植木屋さんごっこ”は、身体近接空間ペリ=パーソナル・スペース:脳マップされた身体外側空間)を確実にピアノのエスケープメントのところにまでに拡張させるための準備として行っています。

 

 

 

ボールに乗って跳ねて、”力の通り道”を開くボールに載って跳ねるのは、フォルテで演奏するときに身体全体に”力の通り道”を開くコツを会得するためです。そのコツを会得すると腕や肩や他の「からだ」の部分に負担なく演奏できるようになります。

 

 

 

 

アレクサンダー・テクニークを使って、ピアノを弾く

RIMG0017-s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はじめてアレクサンダーの原理を使って演奏してみたら、呼吸しにくくなった」とおっしゃったピアノ奏者の方とは、呼吸の際に背中側の動きを止めないと、よりパワフルになれる実験をしました。

後ろから捕まえられて動けなくされてから、歩く

後ろから捕まえられて動けなくされてから、歩く

「はじめてアレクサンダーを使って演奏したら、固くなる。。。」教え始めた頃でしたら、「そんなはずはないだろう!」と思っていたでしょうが、経験を重ねた今思うのは、そういうことは割りと起こりうるということです。

生徒さんにとっては、今までとは異なるやり方で行うのですから、自律神経系の交感神経(逃走・逃走反応を司る)と背側迷走神経(凍りつき反応を司る)が過剰に活性化して、そのような事態になりうるのです。

 

そういうときには、興味を引くような別の経験をして、安全なのだということを脳幹と小脳レベルで理解して頂く必要があります。

 

 

ゴスペルとアレクサンダー・テクニーク

ゴスペルとアレクサンダー・テクニーク

 

 

 

 

 

 

 

歌とアレクサンダー・テクニークゴスペルの方が「ウォーミングアップしないで、こんな風に声が出たのは初めて」とおっしゃいました。ゴスペルの仲間たちにも経験して欲しいので旭川で生徒さんを集めてくださるとおっしゃってくださいました。

 

ヨガの先生とは単純に両腕を真上に伸ばすというのをやりました。それだけでからだがほぐれるとおっしゃってくださいました。

 

 

 

ピアニストのTさんは、この日は歌ってくださいました。男でもできる人だと感心しました。

 

ピアニストのJさんとは、最初に手をおいてピアノを演奏していただいたら、ふわふわするということでしたので、視覚経路のボディマッピングをいっしょに行ったら、安定されたそうです。

 

フルート奏者の方は、楽器を構えるときの左の肩甲骨を外にと思うことが、画期的だったそうです。呼吸も楽になったそうです(吸気筋は横隔膜を除くと腕についているため)。

 

パソコン操作を楽にされたい方には、モニターの高さとけい~ボードまでの距離、そしてモニターを見るときの視界の広さに注意を促しました。

 

 

地元の札幌や周辺の北広島からだけでなく、帯広や旭川からもそれぞれ2名の方たちがいらしてくださいました。

お昼は数名の方たちとごいっしょに、共感覚のことや電磁波過敏症のお話で盛り上がりました。

 

 

 

午後はグループにご参加くださった若いおふたりのピアノ奏者の方たちと個人レッスン

その後に2名めの声楽家の方とレッスン。なぜかこの日はジャズピアノのときにどうやってアレクサンダーを使うかというレッスン。ピアノも弾ける方でした。

「演奏中の世界が狭かったのに、広がった」とおっしゃったのが印象的でした。

 

そして、次の初回の声楽家の方となんとお知り合いでした。

 

その後にレギュラーの声楽家の方とレッスン。今回ははじめて歌についてレッスンしませんでした。赤ちゃんがおなかにいると、とても歌は楽なのだそうです

けれどバランスが変わるので、日常生活は少し大変だそうで、それについてレッスンしました

 

 

この日の最後のレッスンはピアノ奏者のIさん。彼女はもっとも古くからの札幌の生徒さんのひとりで、ピアニストの妻のレッスンを東京に受講されに来る方ですが、ここ1,2年本当に心を打つ演奏をされるようになりました。

 

 

次回の札幌でのレッスンは2016年7月7日(木)の夕方から7月10日(日)まで行います。詳細はこちらをご参照ください。

 

 

札幌レッスンのご報告その2:3/24-3/27(木-)アレクサンダー・テクニーク札幌ワークショップ は、こちらをご参照ください。

 

札幌レッスンのご報告その3:3/24-3/27(木-)アレクサンダー・テクニーク札幌ワークショップ は、こちらをご参照ください。

 

札幌レッスンのご報告:3/27()エンパスのための身体意識 は、こちらをご参照ください。