東京学芸大学正門前-2015年5月20日(水)

東京学芸大学正門前-2015年5月20日(水)

2015年5月20日(水)第一時限目に、東京学芸大学音楽選修入門セミナーという授業で、アレクサンダー・テクニークをご指導させていただきました。

 

生徒さんは30名。全員でできるゲームもしましたが、基本的には前に出てきてくださった4人の生徒さんたちにレッスンをしながら、自由に演奏する方法をご指導しました。

 

私のワークについてよく知っている方のサポートが必要だったので、ピアニストの辰巳京子さんにいらしていただきました。ありがとう。

 

改めて紹介

講師 かわかみひろひこ(河上裕彦)-アレクサンダ-・テクニーク教師

アシスタント 辰巳京子(たつみきょうこ)さん-ピアニスト&ピアノ講師

 

声楽家の方、ピアノ奏者の方、ホルン奏者の方、ヴァイオリン奏者の方とワークしました。

動きのなかで、胴体から腕に向かう筋肉を解放する

動きのなかで、胴体から腕に向かう筋肉を解放する

 

右の写真は、手を上げたり下ろしたりするのは、どちらのほうが負担が少ないのかというのをみなさんにやっていただいています。

腕をあげるときには、私たちは癖として頭を後ろに下に押し下げて、背中側を斜め前方下につぶすことが多いのです。

 

そして腕を下ろすときには、脇の下を押し下げやすい。

 

 

 

歌っている方とワークする

歌っている方とワークする

そのようにすると、胴体から腕に向かう筋肉が常に緊張しますが、すこしその癖をやめると、喉が楽になって発声しやすくなり、呼吸がしやすくなり、胴体が軽やかになります。

 

 

 

 

そして、実際に歌うときには、デリケートに頭部の重心を背骨のいちばん上から解放し、胴体の奥行きを大事にして、胴体が長く広くなり、股関節が解放されると、歌いやすくなります。

 

もちろん歌っているあいだの呼吸も楽になります。努力しなくても息は入りますし、息を出すのも楽になります。

 

歌っている方とワークする

歌っている方とワークする

 

歌う方とはお二人の方とワークしました。

 

 

 

 

 

 

 

RIMG0160 - コピー

ピアノを演奏される方ともレッスンしました。

なるべく笑いをとりつつ楽しいレッスンを心がけているのですが、思わぬところで笑いがあったり、同級生の男の子が何かをするたびに「可愛い」という黄色い声が飛んで。。。未知の世界でした。

 

写真は、まりつきをするときに、胴体を押し下げないと、ボールが弾みやすくなるというのを体験していたいています。

 

 

 

ピアノを演奏される生徒さんとワークする

ピアノを演奏される生徒さんとワークする

ピアノの演奏のときにも指が鍵盤に降りるときに、頭も胴体も押し下げません。そのようになると、指の動きがスムースになり、音の響きが増すのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルンを演奏される方とワークする

ホルンを演奏される方とワークする

ホルンを演奏される方ともレッスンしました。

呼吸を自由にし、楽器を軽やかに保持するためのディレクション(右手、左手とも)、

指使いを軽やかにするディレクション

を学んでいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァイオリンを演奏される方とワークする

ヴァイオリンを演奏される方とワークする

ヴァイオリンを演奏される方ともレッスンしました。予定外だったので、うれしかったです。

ハーフ・バック・バック・ディレクション(かわかみの造語)を学んでいただきました。

 

 

 

 

生徒さんたちの勘はよく、小さなワークでたたずまいや音の響きが変化するし、見て聞いている生徒さんたちにもそれが分かっているな。。。と少なくとも私には見えました。

 

 

東京学芸大学の樹木-2015年5月20日(水)

東京学芸大学の樹木-2015年5月20日(水)

呼吸の仕組みについて説明したときには、
息を吸い込んだ結果肺が膨らむのか
入れものである肺が膨らむから空気が入るのか

 

というクイズを出しました。ちなみに後者が正解です。入れものが膨らんで、中の気圧がさがるから空気が外から入ってきます。基礎学力の高い方たちなので、こういう説明を理解していただくことには苦労しませんでした。

 

キャンパスのなかは緑が多かったです。

 

明後日6月17日(水)も東京学芸大学にて教えます。