Musical Instrument Keyboard Keys次のような課題やお悩みをお持ちのピアノ奏者の方(プロやアマを問いません)や演奏指導者先生)の方は、ぜひレッスンをご受講くださいませ。

演奏中、演奏後に違和感痛み、ひどい疲れを感じる

さくて、手を開くのが苦手

「腕重さ演奏しなさい、きなさい」と注意を受けるが、どうやってよいのか分からない。

脱力が分からない

お腹の支えが分からない

初見演奏するのが苦手(練習すると疲れる)

演奏のこもる広がらない

ペダリングで脚が重い。間に合わない、右足首がいつも筋肉痛。

苦手がある。あるいは演奏しにくいフレーズがある。

リストが苦手

バロック音楽の演奏が苦手

速いパッセージが苦手

オクターブが苦手

大きな音フォルテ)に雑音が混じりやすい

跳躍が苦手

上行が苦手、下行が苦手

連打が苦手

小さい音ピアノ)で演奏するのが苦手

クロスバンドが苦手。

本番で上がりやすい。緊張しやすい、

 

大丈夫です。解決できます。

最悪でも、今までよりもすいぶん楽に演奏できるようになります。

 

コラム

腕の重さで弾く–重量奏法重力奏法に関する、いちアレクサンダーテクニーク教師の考察

詳細はこちらに。

ピアノ演奏指導者の「手首柔らかく」という指示について

詳細はこちらに。

ピアニスト/ピアノ演奏の指導者の方たちへ

詳細はこちらに。

 

 

 

講師プロフィール

new-profile-smallアレクサンダーテクニークを教え始めて、10年の実績があります。
プロヤアマチュアの鍵盤楽器奏者弦楽器奏者管楽器奏者打楽器奏者声楽家にアレクサンダーテクニークを指導し、多くの方たちの「からだ」の違和感や痛みの解消や、表現力の向上をサポートして参りました。

活動実績

国立大学法人 東京学芸大学教育学部音楽学科(2012年8月2日)

学部生およそ100名の方たちに90分のお講座を致しました。

講座を実現してくださいました、東京学芸大学准教授 清水和高先生に感謝いたします。

国立音楽大学3年生・4年生のピアノ専攻の30名の生徒さん向け講座(2010年6月5日, 6月19日)

アシスタント:辰巳京子氏、斎藤真理香氏(ともにピアニスト)
全員に手を使って指導。
演奏のアクティビティー・レッスンは8名程度

日本音楽家ユニオン東北地方本部主催仙台WS(2010年3月3日)
全日本ピアノ指導者協会柳川支部にて講座とグループレッスン(2012年1月30日)
公開講座「アレクサンダー・テクニークで音の響きを変える」

ヤマハミュージック横浜(2007年1月20日)

ヤマハ新潟店(2007年5月25日)

スガナミ楽器町田店(2007年6月9日)

スター楽器池上店(2007年6月28日)

ヤマハミュージック東京 銀座店にてウィリアム・コナブル博士の講座(2005/7/21)

オーガナイズ。アシスタントとしても教える
 

自衛隊の音楽隊

自衛隊の音楽隊は、30歳半ばより若い方たちは、音大出身の方たちや、吹奏楽が盛んな高校出身の方たちで音大出身の方たちをオーディションで破って入った方たちです。

災害が起こると救援活動に当たる他、被災地の広範囲にわたって慰問演奏でご活躍されます。

北海道札幌市の陸上自衛隊北部方面音楽隊(2013年3月)
青森県三沢市の航空自衛隊北部航空音楽隊(2012年12月10-11日)
広島県呉市の海上自衛隊呉音楽隊(2012年3月27-29日)
北海道札幌市の陸上自衛隊第11音楽隊(2012年3月8日)
静岡県浜松市の航空自衛隊中部航空音楽隊(2011年2月, 3月,2012年3月)
北海道旭川市の陸上自衛隊第2音楽隊(2012年3月13日)

 

音楽関係メディア掲載歴

ピアノ雑誌「ムジカノーヴァ」2011年5月号 ピアノ音楽誌『ムジカノーヴァ』2011年5月号音楽之友社「アレクサンダーテクニークの見地から考える 手の形と姿勢」掲載ページ数:拙稿2ページピアニスト辰巳京子氏との共同執筆詳細な図解・譜例入り
ピアノ雑誌「ムジカノーヴァ」2010年3月号 ピアノ音楽誌『ムジカノーヴァ』2010年3月号音楽之友社「アレクサンダーテクニークで脱力が分かる」掲載ページ数:拙稿5ページピアニスト辰巳京子氏との共同執筆写真・図解・譜例入り。
ピアノ雑誌「ムジカノーヴァ」2009年12月号 ピアノ音楽誌『ムジカノーヴァ』2009年12月号音楽之友社拙稿1/2ページ
ピアノ音楽誌「ショパン」2008年10月号 ピアノ音楽誌『CHOPIN(ショパン)』2008年10月号34‐35ページに掲載。