書いてくださったのは、レイキマスターでセラピューティック・タッチの先生です。 とっても素敵な文章で、アレクサンダー・テクニックの成り立ちとご自身の経験をご自分の言葉で書いてくださいました。アレクサンダー・テクニークの独特の言い回しと異なるところがありますが、素敵な文章です。

 

アレクサンダー・テクニックの成り立ち ご自身の経験

@^^/@^^/@^^/@^^/@^^/@^^/@^^/@^^/@^^/@^^/@^^/@

2005年11月28日

  アレクサンダー.テクニックの成り立ち

先日 アレクサンダー.テクニックとゆうレッスンを受けてきました。

 

アレクサンダー.テクニックって知ってますか?

オーストラリアにアレクサンダーさんとゆう俳優さんがいました。

ある日舞台で演じていたら、声がでなくなってしまいました。

 

お医者さんに相談すると

「舞台を休んでノドを休めなさい。」

と言われました。

 

舞台を休むとノドの調子もよくなりました。

「やった~~!」

と思って舞台に立つと また声がでなくなりました(><)

 

またお医者さんに相談すると

「休みなさい」

「……………………..。」

 

それじゃあ、いつまでたっても

「……..舞台にたてない!!」

 

それでアレクサンダーさんは声のでない原因を自分でさがすことにしました。

 

鏡をたくさん使って自分の声をだす時の「動き」を観察しました。

すると、声をだす時に

頭を胴体の方に「ちぢめ」てノドを圧迫していたのです。

 

それに気づいてその動きをやめていきました。

そして声がでるようになりました^^

そして舞台だけではなく日常生活でも

 

そうゆう動きをしていたことに気づきました。

そこで俳優をつづけながら、その観察を続け

発展させていきました。

 

すると今度は俳優仲間が声や呼吸の問題をかかえ、

アレクサンダーさんのところへ

助けをもとめてくるようになりました。

 

そしてアレクサンダーさんは自分の発見したテクニックを

教える側にまわることになったのです。

 

ヨーロッパやアメリカの俳優養成所や学校では

アレクサンダーテクニックを

一緒に教えているところも多いそうです。

イギリスの俳優さんも習ってる人は多いとききました。

 

 

アレクサンダー.テクニックは3年ほど前に本で読んで

「いつかレッスン受けたい。」と思っていたのですが

受けれて良かったです~~~♪

面白かったですよ~~。

そのお話はまた次回♪

 

引用元 http://plaza.rakuten.co.jp/miminet/diary/200511280000/

 

2005年11月29日

  アレクサンダー.テクニック2 [ ホリスティック医学 ]????

アレクサンダー.テクニックでまずやったのは

「イスから立つ」

「座る」

です。

 

そこから間違ってるみたいです^^”

 

頭をななめにかたむけて~~

頭に背中がついてって

「立つ」

やってますか~?

 

意識したコトもなかったです。ワタシ..^^”

 

あと「歩き方」「階段の昇り降り」
をしました。

みんな「女優」みたいな身のこなしになります(^^)//

 

「走り方」もしました。

先生に調整してもらって走ると

腕や足が大きくふれる。

しかも、頭がブレない!!!

走るとアタマって上下するじゃないですか~~!

それが平行移動するのです((@@))

走ってるんだけど肩から上がブれない。

短距離やってたじゃけんだんなに聞くと

「走りがうまい人は頭が上下しない。」

そうです。

 

アレクサンダーテクニックは理論は色々あるのだろ~~けど

レッスン自体は先生に身体を調整してもらいながら

「カラダで覚えていく。」

とゆう感じでした。

 

そしてポイントは「アタマ」かな~~。

動く時は「アタマ」から。

みたいな感じでした。

 

そしてアタマは視線の方向に動く。

目の使い方もポイントです。

目の悪い人は視線を手前にもってくるので、

頭がさがってしまう。

 

ではですね~~~。

今パソコン見てますね。

意識がパソコン画面にいってると思うのですが、

「見る」とゆうのは「脳」がやってます。

そして脳の頭後部が視覚をつかさどっています。

ではそこの頭後部、

「うしろあたま」に意識をもっててください。

 

もっていきました?

そのとき姿勢は変わりましたか?

どうなりました?

私は「うしろあたま」を意識すると

胸がひらいて頭が後ろにいきます。

何か動作をする時、

「姿勢を良くしよう。」

と思うのではなく

「うしろあたまを意識する。」

だけで姿勢が変わる!!

とゆうのがわたし的にはとってもビックリでした~~~~~(^^)//

 

引用元 http://plaza.rakuten.co.jp/miminet/diary/200511290000/