2005/06/03 (金) アレクサンダー・テクニック

 

既にお得意様と化している朝日カルチャーでレッスンに行ってみたんですよ。

 

何をするのかぜーんぜんわかんないままに。
最近、バレエに生かせるなら何でもやるぜ!という感じになってて。

 

行ってみたら、やっぱりわかんない・・・何かが起こったのはわかるんだけど、うまくつかめないし、説明できないんです。・・・こりゃカルチャーセンターのチラシが、全然訳がわからないのも無理はないなーと。

 

5回コースで、1回目と3回目はその状態のまま終わってしまった(2回目は欠席)のですが、4回目の「眼」についてのレッスンで、急に面白くなったんですよ。

 

そういえばロルフィングの時も、実際何をするのかって、はっきりいってわからなかったんです。
でもなんか、これはよさそうっていう気がして行ったら、ほんとに良かった。
ロルフィングは、期待していた以上に変化がありました。
体もすごく楽に、気持ちよくなったし、さらに考え方もちょっと変わった感じがありました。

 

でもこっちはもっと不思議。
だって、ロルフィングみたいに、物理的に何かしてもらうわけじゃないんだもん。
自分が意識するのを手伝ってもらうというか、その方法をいろいろ説明してもらってる感じ。
で、言葉とか、手でサポートしてもらって、ポンと出来たり、結局出来なかったり。
いったん意識できると体のどこかが勝手にぞわぞわ・・・って動いて、姿勢とか見えるものが変わっちゃう・・・ほら、全然わかんないでしょ、読んでも!やっぱダメだ!
最初から文章に出来ないだろうなーと思ってたんだ・・・。

 

でもとにかくすごく面白いの。
自分にはもっと可能性があるんだ、って感じさせてくれるもの。
ちょっとこれは、ハマったかもしれません。

 

興味のある方は是非こちらを。
先生のサイトです。

 

アレクサンダー・テクニックの学校

http://www.alexanderdiscovery.jp/

 

・・・ただ、読んでも、やっぱりわかんないかも。
私も面白く読みましたけど、あっちこっちわかんないもん(笑)。難しくって。

 

 

2005/06/03 (金) つけたし。

 

それで、ロルフィングの斎藤さんもすっごく面白い人なんですけど、こちらの先生のかわかみさんも、相当面白いんですよ。

 

2人とも途中で、時々単純な単語が出てこなくなって、日本人じゃないみたいな絶妙なつっかえ方をするのが同じ。
多分脳の、日本語を司るところから遠い部位を使いすぎちゃって、日本語が出てこなくなっちゃうんですね。

 

で、斎藤さんは
「斎藤さんって、面白いですね」って言ったとしたら
「えーっ、私別に面白くないですよ(ニヤリ)」
って答えそうで、一方かわかみさんは
「えーっ、僕別に面白くないですよ(真剣)」
という、タイプのような気がします。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

引用元はこちら