レイアウト変更:2011/4/25
掲載日: 2003/9/26

2003年9月25日(木)に、ATA〔わたしの通っているアレクサンダーテクニークの教師のトレーニング・コースです〕で、今日の学んだことを
書きます。

 

私は、風邪を引いている。とにかく咳が止まらないし、鼻水も出る。けれど、長すぎる。もう、3週間も
風邪を引いている。なんか、おかしい。

 

トレーニング・コースで、先生のジェレミーさんが、

「じゃあ、これからactivity(生徒が特に観察して
みたい自分自身の動き、あり方)に時間を取ろう。なにかやりたい人はいるかい?」と(英語で)いつもの
ように、わたしたち訓練生に向かって、おっしゃった。

 

ひろひこ:「咳について、見てみたい。ずっと、風邪を引いているけど、ほんとうに風邪を引いているのか?、
それとも、わたし自身の使い方の問題なのか、見てみたい」

他の訓練生たち:「(笑い声)」

ジェレミー:「咳はたいていの場合、自分の意思で、やめることができるんだ。咳をしていたら、いつまでた
っても、咳が出続ける。咳が出そうなとき、自分の全体性に戻るんだ」

 

ジェレミーさんは、そう言いながら、手を置いてくれた。楽になるが、彼が手を離すと、

ひろひこ:「ああ、また出そうだ」

ジェレミー:「そうだね。」

また咳が出る。

 

ジェレミー:「いいかい、自分自身にワークし続けるんだ。そうすれば、少しずつ、気管が潤ってきて、
咳は自然に止まる。とにかく、君はこれを1週間自分で続けて、その後どうなったか、ぼくに教えてくれ
たまえ。」

 

そして、それから、自分自身にワークし続けている。まだ、1週間はたっていないけど、風邪を引いてから
縮こまっていた体が、どんどん大きく膨らんできている。

ワークし始めて、1時間くらいは、特に呼吸が
大きくなって、喉を通る空気が、湿ってくるのが分かる。そして、全身から暖かい、よく湿った空気が
出て行くようになり、からだのなかの潤いがどんどん戻ってくる。

 

そういえば、過去に怪我をしたために、それ以来ずっと体に不調を抱えていると訴える大勢の方たちに、
わたしは、今までレッスンしてきた。

そして、わたしがその人たちにレッスンを行って、彼ら自身が
行っている有害な動きをやめてもらうと、彼らの痛みがなくなるとか、より自由に動けるようになると
かいうことが、何度もあった。

 

今回のレッスンも、それと同じで、実はなんの不思議もない。不思議はないので、先生のレッスン
なしに、自分ひとりで気づけなかったことが、ちょっと残念だった。まだまだ、成長する余地があるぞっ!