アレクサンダーテクニーク教師のひろひこ@(^-^)ノです。あれはアレクサンダーテクニーク教師トレーニング中の2002年だった。

 

当時私はアレクサンダーテクニークの教師の訓練を終えようとしていた。

 

その頃ディレクターの先生が歯磨きにアレクサンダーテクニークに生かすということに凝っていた。
訓練生たちに歯ブラシをクラスに持って来させて、歯のブラッシングのアクティビティ-をするのだ。

 

私は”力が入りすぎ”とディレクターの先生に言われて、「えーこんなに力を抜くの?」と思ったが、
しばらく実践することにした。

 

2週間して、歯に違和感を感じ、虫歯の治療に行く羽目になった。10年ぶり。

 

1ヶ月くらいたった時、めずらしくTさんという人と昼食に行った。その時、彼は言った。
「信じられるか? 今歯医者に虫歯の治療に行ってるよ。あんな磨き方じゃ、駄目だったんだ!」

 

それからしばらくして、ディレクターの先生も虫歯で歯の治療に通っていたことを偶然知った。

 

アレクサンダーテクニークの本来の目的は自分自身を邪魔する癖(くせ)をやめて、自分自身
全体のコーディネーション(全身の働きのつながり)を回復することだ。

 

そして、それはときどき「脱力」すること、「力を抜く」ことを伴うこともある。

 

しかし、それは現れるかもしれない結果の1つであって、けっして目的ではない。

 

そうであるのに私たちは起こった結果に目を奪われて、手段をすっとばして、その結果に突進しがちだ。アレクサンダーテクニークでは、これを「エンド・ゲイニング」と呼び、「エンドゲイニング」
をしないように言われる。

 

にも関わらず、教える人も、学ぶ人も、しばしばエンド・ゲイニングに陥りがちだ。

 

エンド・ゲイニングに陥って活動をしたら、上記の例では力を抜くことが目的になって、歯を磨いたら
活動の目的―歯垢(しこう)を落として。虫歯を予防するという本来の目的を達成することができな
くなる。

 

もっとを歯垢を落とすという歯磨きの目的に突進しすぎて、歯に強く歯ブラシを押し付けすぎて
歯茎(はぐき)を痛める人もいる。

 

上記の歯磨きのケースで行った方がよいのは、全身のコーディネーションを整えるために、自分自身に少し時間を与え、方向性を与える。そして歯ブラシを歯に当てて、磨く。

 

この際適切な力の大きさは、トライ・アンド・エラーで見つける必要があるが、ブラシから歯に当てる力は、頭がデリケートに上に向かっていることと背中が広がることと対応させると(これをアレクサンダーテクニーク用語でオポジションと呼ぶ)、歯磨きと全身のつながりが生まれる。

 

上手く行っているかどうかを知るために、歯磨きがきちんとできているのかをチェックする、赤い液体(名前なんだっけ)を薬局で分けてもらってもよいだろう。

 

私が教師トレーニングの最後の時期で学んだ大きなことは
先生の言うことを鵜呑みにしない。
なにが活動の目的かを改めて問い直す。
少なくとも教師や訓練生は、自分の選択の結果は自分でとる。

 

そういうことだった。

 

もう1つ。反面教師は、教師である。

 

私自身がそういうタイプの教師を目指すがどうかは別にして、ドンキホーテのようにいつも果敢に
思いつきに突進していたトレーニングコースのディレクターの先生。
彼の失敗の数々を目の当たりにしながら、私が学び得たものは大きい。

 

初出 2011年06月14日 http://mixi.jp/edit_bbs.pl?id=63053296&comm_id=1240902