ビーズに紐

ビーズに紐

左右の目(視覚野)の傾向が、両方とも広い場合、あるいは両方とも狭い場合で、

かつ

一方の目があまりに優位だと、活動中の「からだ」過剰な負担がかかることがあります。

 

それを簡単に調べることができます。

100円ショップ(セリア)や東急ハンズで、木の直径1センチくらいのビーズを入手し、たこ糸などの太い糸や紐を通します。紐の長さは1.8メートルくらいはある方がよろしいと思います。

 

 

 

一方の橋を私たちの眉間よりも下のところに固定し、他方をどなたかにもっていただくか、なにかに結びつけます。

 

 

そのようにして、ビーズの穴に焦点を当てたときに、次のように見えたら、上手く行っています。

ところが、一方が薄く見えたり、まったく見えなかったり、途中で消えていたりしたら、両眼視がすばらしく上手く行っているとは言いがたい状況です。

 

 

ビーズの位置を変えたり、ビーズを複数つけて、焦点を合わせるところを次々と変えましょう。どこを見ても上手くいっていたら、とりあえず左右のバランスは取れていると言ってよいでしょう。

 

このやり方は、昔10代の頃に通った視力回復センターで学びました。結局そこでは視力は回復しませんでした。

 

 

おそらくベイツ・メソードの方法だと思います。

 

このようなときに、私のアレクサンダーテクニークとボディマッピングを使って改善することができます。念のために申し上げますが、このワークの目的はパフォーマンス(表現力、運動能力)の改善です。