初出 Facebook 2014年7月24日

本番に強くなるためには、つまり練習通りにではなく、本番で思いもしなかったパフォーマンスを発揮するためには、確かな実力をつける必要があります。

 

以前 棋士の石倉昇先生の「ヒカルの碁に学ぶ勝負学」という本を読みました。

*

その中に書いてあって印象深かったのは、「完敗でした」と潔く負けを認める人は、”絶対に強くなれない”ということでした。逆に「もうちょっとで勝てた」と言う人ほど、伸びると。

*

その人の性格にもよると思うのですが、「完敗でした」と思ってしまうと、思考が停止し、「からだ」も止まってしまうのでしょう。少なくても私の場合はそうです。

*

だから、この前のサッカー・ワールドカップの日本代表の方たちが、
「実力を発揮できなかったから負けた」
と言ったのは、ある意味正しいと言えます。

 

実際には相手の勢いが優って、自分たちの実力が発揮できなかったのでしょうが、そんなことは本人たちにっとては、分かりきっていることだし、この敗北を次にどうつなげるのかが大事。

*

小さな成功を積み重ねている人を見て、「おめでとう」と思う気持ちがでてくる。それはOK.。

でも、「なんて自分はダメなんだろう?」とか
「努力しているのに、運が向いてこない」とか

そんなことを思うくらいだったら、うまくいっている相手に
「おめでとう」と思ったり、言ったりする一方で

自分自身には「それって、冷静に見たら・・・で、たいしたことないよね」くらいに思うくらいがよいのです(このように思う場合には、もちろん冷静な分析が必須です)。

*

他者を冷静に分析できるということは、同時に自己を冷静に見ることでもあります。自分の課題と向き合うことです。自分自身の課題を見つけるためには、自分自身をきちんと観察できることが必要です。

その観察の仕方をアレクサンダーテクニークのレッスンでは、個人的に学ぶのです。

 

 

 

コラムの目次はこちらに。